Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『ローマの休日』(1953) 写真:Photofest/アフロ

中川右介のきのうのエンタメ、あしたの古典

コレットとオードリー

毎月連載

第12回

19/6/12(水)

 今年はオードリー・ヘップバーン生誕90年。それを記念して、何冊か本も出ている。5月に公開された『コレット』は、偶然なのだろうが、「オードリー生誕90年」に関係なくもない。コレット(1873〜1954)は、「オードリーを発見した人」だからだ。

 オードリーが一躍、有名になるのは1953年8月公開の『ローマの休日』(日本公開は54年4月)だが、その前の1951年11月にブロードウェイで主役デビューしている。コレットの小説が原作のミュージカル『ジジ』であり、主役にオードリーを抜擢したのは、他ならぬコレットなのだ。

アプリで読む