Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

乃木坂46 山下美月、『電影少女 2019』は“小悪魔キャラ”でハマり役に 西野七瀬とは対極の存在?

リアルサウンド

19/4/11(木) 6:00

 乃木坂46の山下美月が、4月11日より放送を開始するドラマ『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-』(テレビ東京系)で初の主演を務める。

参考:山下の小悪魔っぷり

 今作は桂正和のマンガ原作『電影少女』を原作としたドラマシリーズの第2弾で、昨年放送の『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」の続編にあたる。前作で乃木坂46を卒業した西野七瀬が演じた天野アイと山下が演じる神尾マイとは「ビデオガール」という共通点があるものの、陰(神尾マイ)と陽(天野アイ)の関係性にある対極の存在だ。

 「おまえのいいとこ、ひとつめーっけ!」のセリフが印象的なアイは健気でハツラツとした少女であったが、マイは男性を誘惑する“悪女”。『電影少女』と並ぶ桂正和の代表作『I”s』にもヒロイン・葦月伊織に対して磯崎泉が恋のライバルとしていたように、ラブコメにおいて過激なキャラクターは必須のピースだ。『電影少女』の実写化第2弾としてマイを主人公に起用すること、そのヒロインを西野の後輩であり乃木坂46のエースを担う山下が担当することは、言わば必然であり定石とも言える。

 今回マイを演じる山下はグループ内でも自他ともに認める“小悪魔キャラ”でまさにハマり役。冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)では、企画「乃木坂恋愛模擬テスト」でその恋愛マスターっぷりにMCのバナナマンをも驚愕させ、バレンタイン企画では先輩メンバーを弄ぶあざとさで白石麻衣を“黒石さん”へと変貌させたこともある。マイへの起用は山下のイメージが浸透した賜物でもあるが、その助走として映画初出演となった『日日是好日』、ドラマ『神酒クリニックで乾杯を』(BSテレ東)、『ザンビ』(日本テレビ系)への出演があった。樹木希林から直接指導を受けた『日日是好日』は言うまでもなく山下の演技に覚悟を持たせた作品。初ヒロイン役に抜擢された『神酒クリニックで乾杯を』で演じた看護師・一ノ瀬真美は「おっとり清純派でマイペース」という役柄だが、主演の松本まりかとは違った妖艶さを放っていた。乃木坂46のメンバーが出演した『ザンビ』では、いじめグループのリーダーを演じ強烈なヒール役を好演。すでに悪女役への準備はバッチリというわけだ。

 乃木坂46はメンバー全員がグループにとって登竜門と言われる舞台『プリンシパル』シリーズを経験する。3期生の山下は2017年に『プリンシパル』に挑んでおり、見事目標の3役を制覇。グループ初期から堂々としたオーラを放ち、鋭い目力を持っていた山下は、3期生が勢ぞろいした舞台『見殺し姫』、ダブル主演を務めた乃木坂46版ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』と徐々に活躍を広げていく。舞台と映画・ドラマでは、求められる演技も変わってくるが、そのポテンシャルが認められての映画、ドラマへの抜擢だろう。

 これからの乃木坂46の形が提示された『乃木坂46 7th YEAR BIRTHDAY LIVE』では、多くの楽曲のセンターを務めた山下。坂道AKBの最新楽曲「初恋ドア」でセンターに抜擢されるなど、アイドルシーン全体としてもこれからを担う一人に山下は数えられる。『電影少女』は山下にとって『神酒クリニックで乾杯を』に次ぐ、乃木坂46を飛び出し、山下美月個人として出演する作品だ。西野や白石といった先輩メンバーが個人として名を馳せた功績があり乃木坂46は地盤を固めていったが、山下も雑誌『CanCam』専属モデルを始め、様々なフィールドでまた新たなグループの顔になりつつある。

 改めて、山下の小悪魔キャラは乃木坂46における唯一無二のキャラだ。予告編でマイが男性キャラを扇動するシーンは今まで乃木坂46が演じることのなかった領域である。西野がそうであったように、山下にとっても『電影少女』は通過点の一つに過ぎない。山下はグループを飛び出し、乃木坂46をまた新たな色に染め上げていく。 (文=渡辺彰浩)

アプリで読む