Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

田原俊彦(撮影:田中和子)

田原俊彦、デビュー40周年の思い「今もステージに立てるのはジャニーさんのおかげ」

ナタリー

19/7/1(月) 16:40

昨日6月30日、田原俊彦が東京・チームスマイル・豊洲PITにてニューシングル「好きになってしまいそうだよ」のリリース記念イベントを開催した。

「好きになってしまいそうだよ」は田原のデビュー40周年を記念し、6月26日にリリースされたシングル。イベント前には田原が報道陣の囲み取材に応え、シングルを「すごく切なくて色っぽい曲になったので、これからツアーも始まるのでこれを引っさげてがんばりたい」とアピールした。このシングルの作詞は松井五郎、作曲を都志見隆という、「ごめんよ涙」から続く田原のアニバーサリーイヤーには欠かせない名コンビが担当している。田原は2人について「『トシ、また一緒にやろうよ』と声をかけていただきました。2人ともわざわざ僕のライブに足を運んでくれて、そのときそのときの田原俊彦を理解して書いてくれている。安心して、信頼して仕事させてもらっています」と語った。

今回のシングルは田原にとって実に75枚目のシングルとなる。報道陣からこの枚数について尋ねられると「全部(タイトルを)言いましょうか? 長いよ?(笑)」と言い、「『哀愁でいと』『ハッとして!Good』……」と歴代のシングルのタイトルを連呼しながらカメラに向かって突進。しかし途中で息を切らし「……までしか覚えられない(笑)」と力尽き、爆笑をさらっていた。またデビュー40周年に際し、「僕に(デビューへの)パスポートをくれました」というジャニーズ事務所社長、ジャニー喜多川氏への思いを語る一幕も。田原は神妙な表情で「僕の中では感謝しかないです。こうしてジャニーズ事務所を出て25年経って、48歳になった僕が……」と語り始めるが、黙って聞き入る報道陣を「流すな! 誰か止めろ『58だろ』って!(笑)」と一喝して笑わせた。その後は再び真剣な面持ちに戻り「今も無事にステージに立っていられるのはジャニーさんのおかげ。僕にとっても大切な、第2の親父みたいな方ですね」と話し、現在体調不良が伝えられるジャニー氏へ「1日も早く元気になってほしい。あの方は日本の音楽シーンに絶対必要な方です」とエールを送った。

17:30から始まったリリースイベントでは1300人のファンを前に、「好きになってしまいそうだよ」や「シルエットには踊れない」「ハッとして!Good」など全7曲を披露した田原。40周年の今年について「皆さんと触れ合う機会を僕なりにたくさん作っていきます。皆さんは健康に気をつけて(笑)」とファンの期待を煽り、「田原俊彦の歴史はまだまだ続きますんで、みんなを引っ張っていけるようにがんばります」と気合を見せた。

田原俊彦ニューシングル「好きになってしまいそうだよ」リリースパーティ 2019年6月30日 チームスマイル・豊洲PIT セットリスト

01. シルエットには踊れない
02. ときめきに嘘をつく
03. 夢見るように君を愛す
04. ハッとして!Good
05. Cordially
06. 好きになってしまいそうだよ
07. めいっぱい純愛

アプリで読む