Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

第42回アカデミー賞の受賞者たち。

【日本アカデミー賞全リスト】「万引き家族」最多8冠!孤狼の血、カメ止めにも栄誉

ナタリー

19/3/1(金) 23:00

第42回日本アカデミー賞授賞式が本日3月1日、東京・グランドプリンスホテル新高輪にて行われた。

最優秀作品賞をはじめ最多8部門の栄冠に輝いたのは、是枝裕和監督作「万引き家族」。監督賞と脚本賞で是枝、主演女優賞で安藤サクラ、助演女優賞で樹木希林が最優秀賞に選ばれたほか、撮影賞、照明賞、音楽賞でも栄えある受賞を果たした。続いて白石和彌監督作「孤狼の血」が4部門で最優秀賞を受賞。役所広司が最優秀主演男優賞、松坂桃李が最優秀助演男優賞を獲得した。また最優秀アニメーション作品賞は、細田守が監督を務めた「未来のミライ」に。

最優秀助演女優賞の樹木は2018年9月にこの世を去ったため、本日の授賞式には娘の内田也哉子が代理で出席した。樹木をしのぶ場面も多く見られ、是枝は脚本賞の受賞スピーチで「今の僕の制作スタイルでは役者さんやスタッフと脚本を作っていくので、側から見ているとハラハラするかもしれません。でも本当に楽しい。『万引き家族』は希林さんにプロットの段階から読んでいただき『あなたが珍しく肉体を撮ろうとしているから、私は入れ歯を外して髪も伸ばして参加するわ』と言っていただいた。現場で共同作業で作っていった映画だったので、希林さんと一緒にもらった賞かなと思っております」と深い感謝を伝えた。

話題賞の作品部門のほか、8つの優秀賞に選ばれた「カメラを止めるな!」は、監督の上田慎一郎が最優秀編集賞を獲得。上田は「この映画はほとんど自宅で1人、編集作業をしていました。7年前に仲間とお金を出し合って買ったMac Proを使い、まな板2つ分ぐらいのスペースで。最新のスタジオや機材も必要だと思いますが、編集とは人の粘りやひらめきが大事なんだということを改めて信じられました。一緒に機材を買った仲間たちにありがとうと伝えたいです」と感激の面持ちで語った。

第42回日本アカデミー賞の受賞結果は以下の通り。

第42回日本アカデミー賞

最優秀作品賞

「万引き家族」

最優秀アニメーション作品賞

「未来のミライ」

最優秀監督賞

是枝裕和「万引き家族」

最優秀脚本賞

是枝裕和「万引き家族」

最優秀主演男優賞

役所広司「孤狼の血」

最優秀主演女優賞

安藤サクラ「万引き家族」

最優秀助演男優賞

松坂桃李「孤狼の血」

最優秀助演女優賞

樹木希林「万引き家族」

最優秀撮影賞

近藤龍人「万引き家族」

最優秀照明賞

藤井勇「万引き家族」

最優秀音楽賞

細野晴臣「万引き家族」

最優秀美術賞

今村力「孤狼の血」

最優秀録音賞

浦田和治「孤狼の血」

最優秀編集賞

上田慎一郎「カメラを止めるな!」

最優秀外国作品賞

「ボヘミアン・ラプソディ」

新人俳優賞

上白石萌歌「羊と鋼の森」
趣里「生きてるだけで、愛。」
平手友梨奈「響 -HIBIKI-」
芳根京子「累-かさね-」「散り椿」
伊藤健太郎「コーヒーが冷めないうちに」
中川大志「坂道のアポロン」「覚悟はいいかそこの女子。」
成田凌「スマホを落としただけなのに」「ビブリア古書堂の事件手帖」
吉沢亮「リバーズ・エッジ」

協会特別賞

大塚康生
金田正
櫻井勉
千代田圭介

会長功労賞

吉田喜重
岡田茉莉子
岸惠子
佐藤純彌

会長特別賞

樹木希林
黒澤満
高畑勲
黒澤満
星由里子
吉田貞次

話題賞 作品部門

「カメラを止めるな!」

話題賞 俳優部門

伊藤健太郎「コーヒーが冷めないうちに」

アプリで読む