Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

A・シュワルツェネッガーとL・ハミルトンが見どころを語る 『ターミネーター』最新作特別映像公開

リアルサウンド

19/6/18(火) 17:00

 11月8日公開の映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』より、特別映像が公開された。

参考:映像はこちら

 1985年に第1作がジェームズ・キャメロンの監督・脚本で制作され、その後シリーズ累計の全世界興行収入が1998億円以上を記録した『ターミネーター』シリーズ。本作は、『ターミネーター』『ターミネーター2』を築いたキャメロン、アーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトンが約30年ぶりに再集結し、『ターミネーター2』の正当な続編となるシリーズ最新作。『デッドプール』のティム・ミラー監督がメガホンを取る。

 キャメロンが「『T2』の正当な続編だ。『T2』登場人物たちがさらに活躍する」と語り始まる映像では、メイキング映像とともに、キャストとスタッフがインタビューに応じている。

 『T2』以来の再出演となったハミルトンは、「最高の気分ね。サラの助けが必要とされているの」と語り、「リンダやキャメロンはもちろん、ティム・ミラー監督との仕事も楽しい」と話すシュワルツェネッガーの表情は穏やかだが、顔は無数の傷だらけ、服は破け散っている。

 『アバター』シリーズの続編の撮影のため本作の監督を断念したキャメロンだが、本作の撮影現場には頻繁に通っており『ターミネーター』への深い愛は止まらないよう。キャメロンは「『ターミネーター2』からもう28年経ったなんて信じられない! そして、リンダ(・ハミルトン)は、当時よりさらに格好良くなって帰ってくるよ」と自身のTwitterでハミルトンのクールな写真を添えて呟くほど、本作への熱も高まっているようだ。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む