Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

22歳で各国映画祭を席巻 奥山大史監督長編映画デビュー作『僕はイエス様が嫌い』初夏公開決定

リアルサウンド

19/2/9(土) 9:00

 奥山大史長編映画デビュー作『僕はイエス様が嫌い』が、初夏、全国順次ロードショーされることが決定した。

参考:配役と演出の妙が生み出す物語の奥行き 『轢き逃げ 最高の最悪な日』は水谷豊監督“渾身の一本”に

 本作は、スペインの第66回サンセバスチャン国際映画祭にて、最優秀新人監督賞を史上最年少となる22歳で受賞という快挙を達成した奥山監督の長編映画デビュー作。その後もスウェーデンの第29回ストックホルム国際映画祭において最優秀撮影賞を受賞し、中国の第3回マカオ国際映画祭ではスペシャル・メンションを受賞。フランス、スペイン、韓国での劇場公開も既に決まっている。

 祖母と一緒に暮らすために、東京から雪深い地方のミッション系の小学校へ転校することになった少年ユラ。日々の礼拝に戸惑うユラの前に現れたのは、小さな小さなイエス様だった。他の人には見えないけれど、願い事を必ず叶えてくれるイエス様を信じ始めたころ、ユラに大きな試練が降りかかる。

 監督・撮影・脚本・編集を奥山自身が担当。青山学院大学在学中に制作した本作が、長編デビュー作となる。超低予算の制作費の中、子供たちの自然な演技を導き出した演出、的確に対象をとらえるカメラワークなど、様々な点で今後が期待されている。

 また、本作をいち早く鑑賞した『万引き家族』の是枝裕和監督、俳優・監督の斎藤工から絶賛コメントも到着した。

■是枝裕和(映画監督)
新しいけど、懐かしい。重いけど、軽やか。
切なくて、面白くて…そして、やっぱり面白い。

■斎藤工(映画監督・俳優)
惚れ惚れする程チャーミングな作品。奥山監督がユーモラスかつ
実直に織りなす本作の世界観に邦画の新時代の幕開けを感じました。

(リアルサウンド編集部)

アプリで読む