Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

仲村トオル、リリー・フランキーらが出演 小栗旬主演ドラマ『二つの祖国』追加キャスト発表

リアルサウンド

19/3/1(金) 12:00

 小栗旬が主演を務めるテレビ東京開局55周年を記念した特別企画ドラマスペシャル『二つの祖国』の追加キャストが発表され、あわせてポスタービジュアルが公開された。

参考:仲村トオル、リリー・フランキーらが出演 小栗旬主演ドラマ『二つの祖国』追加キャスト勢揃い

 3月23日と24日に放送される本作は、発行発行部数250万部突破のベストセラーである山崎豊子の同名小説を、民放で初めて映像化するもの。1900年代、第二次世界大戦前・中・後のアメリカと日本を舞台に、歴史に翻弄されながらも激動の時代を生き抜いた日系アメリカ人二世たちの、愛と奇跡の青春群像劇を壮大なスケールで描く。

 日系二世で、ロサンゼルス・リトルトーキョーの日本語新聞社『加州新報』の記者である主人公・天羽賢治役をテレビ東京ドラマ初主演となる小栗が、アメリカで成功するため日本人であることを捨て去ろうとするチャーリー田宮役をムロツヨシが演じ、ヒロインとなる多部未華子をはじめ、仲里依紗、池田エライザ、橋本マナミ、高良健吾、新田真剣佑、原菜乃華、麻生祐未、松重豊らの出演も決定している。

 このたび発表された追加キャストは、余貴美子、リリー・フランキー、仲村トオル、田中哲司、泉谷しげる、柄本佑、甲本雅裕、中村雅俊の8名。主人公・天羽賢治の父・天羽乙七の姉・天羽鷹を余が、元総理大臣で政治家・広田弘毅をリリーが、小栗が勤める加州新報の社長・松井竹虎を仲村が、日本語学校の主任教官・ オーソン相川を田中が、仲演じる天羽エミーの実父・畑中万作を泉谷が演じる。また、プロジャパンのリーダー・池島努役を柄本が、広島日赤病院の医師・倉石隆信役を甲本が、国際法学者・横山喜三郎役を中村が務める。

テレビ東京ドラマ制作部 田端俊彦プロデューサー コメント
今回発表する8人の俳優の皆さんは圧倒的な存在感を誇る方々ばかりで、「その方にお願いする意味」が明確にあり、作品の意義や山崎豊子作品というスケールに共感してくれた猛者たちである。中村雅俊さんと仲村トオルさんは、時代は違うがどちらも青春ドラマを牽引してきた大ベテランである。今回の青春群像劇を彩るには必要不可欠だと考えた。横山教授という敗戦国の学者でありながらアメリカに対して思うところを押し殺し、賢治に接する懐の深さを表現できるのは中村雅俊しかいないと思っていた。松井社長という賢治の人格のベースとなる思想を創り上げるまっすぐな情熱というものを表現できるのは仲村トオルだと直感していた。柄本佑さんはビシッと芯の通った俳優だ。私はドキュメンタリーで一緒にミャンマーに旅をしてそれを身に染みて知っている。池島の「かたくなさ」を「人間の負の部分」としてではない表現として見せられるのは柄本佑だと確信していた。甲本雅裕さんや田中哲司さんはバイプレイヤーとしてあらゆる作品に引っ張りだこだが、今回のように「表向き=建前」⇔「心の中=本音」を演技で表現することが出来る稀有な俳優だ。倉石医師も横山教授と同じようにアメリカには思うところがある。それを医師という「職業」の仮面に隠す甲本雅裕の演技を見たいと思った。オーソン相川はアメリカ人社会で成功した日系二世としての誇り を強く持っている人物だ。「きみも私のように振舞えば成功する」と賢治を揺さぶってくる。その賢治との心理戦での 田中哲司は圧巻に違いないと感じていた。余貴美子さんは強い女性の役が秀逸だ。しかし強いだけではない。情けや温かさといった「温情」が上手い。鷹には余貴美子しか思い浮かばなかった。泉谷しげるさんの演技には「愛」がある。表面的ではない「下町的な」深さというか、心に訴えかける強さだ。だが万作は一癖も二癖もある父親。愛情の裏返しがどんな感じになるのか、泉谷しげる節を期待した。リリー・フランキーさんはご存知の通り、強烈なキャラクターの役が多い。しかし今回の広田弘毅は殆ど喋らない。寡黙で表情一つで気持ちを表現する役だ。本来、リリー・フランキーとはそのような表現者ではないのか。
私は常々そう思っていた。 皆さん、主役級の方々ばかりであるが、今回のキャスティングの妙は、以上のようにそれぞれの俳優にこの役をやってもらう適材適所の意味があり、それらを十分に理解した上で彼らは作品に参加することを決めてくれたことである。それだけに現場の熱量は半端無かった。一人一人の猛者たちが、他の演者とぶつかり合い、そしてコラボレーション してゆくという素晴らしい化学反応が生まれた。
視聴者の皆さんが私のキャスティングの理由を知った上でリアルタイムにこのドラマを見て頂くと、8人の猛者たちの一挙一動が存分に楽しめることだろう。 (リアルサウンド編集部)