Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『フォルトゥナの瞳』 (C)2019映画「フォルトゥナの瞳」製作委員会

神木隆之介と有村架純が初の恋人役。『フォルトゥナの瞳』が本日公開

ぴあ

19/2/15(金) 0:00

百田尚樹の同名小説を『坂道のアポロン』の三木孝浩監督が実写化したラブストーリー『フォルトゥナの瞳』が本日から公開になる。

本作は、神木隆之介が主人公、有村架純がヒロインを演じ、他人の死が見えてしまう不思議な力(=フォルトゥナの瞳)を持つ慎一郎が、孤独な人生に彩りを与える最愛の女性・葵の死に立ち向かう姿を描く。

神木と有村は『3月のライオン』など過去4度、共演しているが、本作で初めての恋人役。完成披露試写会で神木は本格的なラブストーリーに主演することについて「ついに来たかという気持ち。不安と楽しさの両方があり、頑張るしかなかった」と語り、有村は「見たことがない表情の神木くんがそこにいました。肩の力を抜いて、身を委ねることができた」と撮影を振り返っている。

また、神木が演じる主人公は幼い頃に両親を亡くし、仕事にのみ生きる修理工という役どころで、三木監督は公開前の試写イベントで「背中で語る男らしさというか、今までにない神木くんの魅力を引き出したいなと思い、神木くんも(体を)ちゃんと仕上げて、撮影に臨んでくれた」とコメント。子役からキャリアをスタートさせ、実写の演技だけでなくアニメーションで声の演技も務めるなど、幅広いジャンルで才能を発揮してきた神木の“新たな一面”が見られる作品になりそうだ。

現在、「ぴあ」では『フォルトゥナの瞳』の特集を掲載中。神木、有村のインタビューや試写会レポートを通じて作品の魅力に迫っている。