Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

左から小谷元彦『Tulpa - Starfish girl』 Detail, 2019、『Tulpa - Honeycomb man』Detail, 2019 ©Motohiko Odani

小谷元彦展『Tulpa -Here is me』 「自身の姿」に挑む新作の人体像展示

CINRA.NET

19/4/23(火) 18:42

小谷元彦の個展『Tulpa -Here is me』が東京・天王洲アイルのANOMALYで5月25日まで開催されている。

彫刻をはじめ、写真、ビデオ、インスタレーションなどメディアを限定しない多彩な表現方法で制作を続ける京都出身のアーティスト・小谷元彦。2003年には『ヴェネチア・ビエンナーレ』に日本代表作家として参加したほか、2010年に東京・六本木の森美術館で個展『幽体の知覚』を開催した。

『Tulpa -Here is me』展ではセルフポートレートに挑んだ新作を展示。発表される人体像は全て小谷自身の頭部を他者に重ねたり、動植物と融合させたりして形作られている。小谷は2017年に心筋梗塞に倒れたことが、それまで自身が主題としてきた「身体」を省みる大きな機会になったという。自身の心臓の半分の筋肉が壊死するもその「失われた身体と、残された身体」の狭間で現実的に生きていくことと、同様のテーマで制作を続けることのリンクの中で今回の作品が出来上がった。

タイトルの「Tulpa」は化身、思念形態という意味で名付けられた。また、展覧会タイトルでもある「Here is me」は、マルセル・デュシャンの『Here is Rose Selavy』という作品からヒントを得て命名されている。

小谷元彦のコメント

古く彫刻という芸術は、人間の生と死の境界で発展し必要とされた。
個人的なことだが、約1年半前に救急搬送され、死の淵を体験してしまった。その時、生と死の狭間の時間からパラレルに存在する自分が見えた。無事退院し、スタジオに帰還してからも、私は自らを様々な姿に変容させながら、その境界を彷徨っている気がした。この世とあの世を交信したこの体験を作品へスライドさせ、自分の姿を素材にすれば、彫刻の根源的な場所に近づけるかもしれないと体調の回復と共に感じ始めた。もしかすると遺作になってしまう彫刻群だったが、彫刻というメディアが持っていた本質である「再生と復活」の物語は、これらを使えば出力出来るのではないかと。

アプリで読む