Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

さくら学院

さくら学院「ちゃおガールオーディション」に登場!グランプリ照内心陽Ciao Smiles加入

ナタリー

18/8/26(日) 17:15

さくら学院が本日8月26日に神奈川・パシフィコ横浜 展示ホール ホールDにて行われたイベント「ちゃおサマーフェスティバル2018」にサプライズ出演した。

「ちゃおサマーフェスティバル」は小学館「ちゃお」が主催するイベント。会場内には玩具、文具、ゲーム会社など多数の企業がブースを出店しており、来場者は最新の商品を体験できたり購入したりすることができる。さくら学院はイベント内で行われた、「ちゃお」の誌面で活躍するモデル・ちゃおガールを選出するオーディション「あなたもちゃおガールになろう!! ちゃおガール★2018オーディション Supported by instax〈チェキ〉」のステージに登場。オーディションの審査タイムにパフォーマンスを行った。

さくら学院メンバーには生徒会長の新谷ゆづみ、2017年度の転入生・田中美空をはじめ、このオーディション出身のメンバーも多数。昨年度の卒業生・岡田愛も2012年度のオーディションでグランプリを受賞したことをきっかけにアミューズに所属し、さくら学院に転入(加入)した。なお新谷と田中は、ちゃおガールで構成されるユニットCiao Smilesも兼任しており、オーディションのオープニングアクトとして「chance!!!」を披露して会場を盛り上げた。

オーディションには約5000通の応募の中から書類審査、読者投票を経て選ばれたファイナリスト10名が集結。小学5年生の照内心陽は4歳から剣道を習っており、早素振りで面打ちを披露する。小学3年生の大島美優は体の柔らかさを生かしたストレッチと“目を三角にする”という特技で自身をアピール。小学1年生の緑川愛莉はおばあちゃんに教えてもらったという習字をお披露目し、小学5年生の駒形茉那はサッカーボールでリフティングを成功させた。小学6年生の木幡優は縄跳びでかえし跳びをして、キュートにポーズを決める。小学5年生の久本梨里加は一輪車に乗りながら皿回しをするという難易度の高いパフォーマンスを披露。加藤彩花は特技の口笛でCiao Smiles「chance!!!」を演奏した。小学3年生の土井凛音はTWICEの「TT」を歌いながらダンス。小学5年生の松本澪音は小学1年生の頃から習っているという少林寺拳法を披露し、小学5年生の佐野杏羽は「寿限無」と「平家物語」を暗唱した。

その後ファイナリストたちはダンス審査に臨む。課題曲はCiao Smilesの「chance!!!」で、Ciao Smilesメンバーの宮田くるみ、植村友結、ロワ梨里愛、並木彩華の4人も客席に登場して一緒にダンスを踊った。審査タイムになるとさくら学院が「ちゃおー!」と挨拶しながら登場。12人は「Song for smiling」でライブをスタートさせ、麻生真彩が「みんなも一緒に手拍子してね!」と客席に呼びかけると、“ちゃおっ娘”(ちゃお読者)は楽曲に合わせてクラップをした。その後さくら学院は今年度のメンバーでは初披露となる「メロディック・ソルフェージュ」をパフォーマンス。これまで岡田が担当していたバレリーナのパートは特技にバレエを挙げる有友緒心が引き継ぎ、長い手足を生かして優雅に踊ってみせた。

さくら学院のパフォーマンスが終わり、オーディションはいよいよ結果発表のパートへ。グランプリには照内が輝き、彼女はCiao Smilesへの加入が決定した。昨年度のグランプリであるCiao Smilesの並木からティアラを戴冠された照内は「ここに立っているのが夢みたいですごくうれしいです」と感無量の様子。並木は「新しいちゃおガールとCiao Smilesが増えたので、新しいメンバーの子たちとがんばっていきたいと思います」とコメントした。また準グランプリには大島と佐野の2名が選ばれ、instax<チェキ>賞は駒形が受賞した。

※Ciao Smilesの「a」はグレイヴアクセント付きが正式表記。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play