Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ペンギン・ハイウェイ」完成披露の様子。

「ペンギン・ハイウェイ」蒼井優や西島秀俊がペンギンと対面、幼い頃の秘話も明らかに

ナタリー

18/7/3(火) 20:11

本日7月3日、「ペンギン・ハイウェイ」の完成披露が東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催され、キャストの北香那、蒼井優、西島秀俊、竹中直人、監督の石田祐康が登壇した。

森見登美彦の同名小説をもとにした本作。物知りだが少し生意気な小学4年生“アオヤマ君”が、海のない街に突然現れたペンギンの謎を追う姿が描かれる。アオヤマ君に声を当てた北は「感動や冒険、憧れなど、すべてが詰まった映画。(心が)あったかくなって帰ってもらえると思います」と本作をアピール。そして「10歳の男の子の声のトーンがわからなかったので、同世代の妹の授業参観に参加してから挑みました」と役作りの裏側を明かす。

アオヤマ君の初恋相手である“お姉さん”を演じたのは蒼井。彼女は「これまでは誰かに寄生しているキャラクターが多かったので、自分をちゃんと持っている役のオファーをいただくことがあまりなくて(笑)。新鮮で難しく、いい経験でした」とはにかむ。“アオヤマ君のお父さん”役の西島は、本日30歳の誕生日を迎えた石田を「才能と勢いがあって、もの作りの喜びにあふれている方。アフレコも楽しかったです」と称賛し、その言葉に“ハマモトさんのお父さん”役の竹中が「アフレコ中も、監督がニコニコしている気配を背中に感じていた。優しくて大胆で、最高の監督です」と続けた。

続いて、MCからキャストたちへ「どんな小学生でしたか?」と本作にちなんだ質問が。やんちゃだったという北は「ダメだと言われることほどしたくなって、夏休みの学校に侵入しました。冒険やハラハラ感が大好きな小学生でした」と話してほかの登壇者たちを驚かせ、「魔女の宅急便」が好きだった蒼井は「赤いカチューシャと黒いワンピースが家にあることに気付いて、私はキキかもしれないと思ったんです。デッキブラシにまたがって、飛べ!と言っているような子供っぽい子でした」と会場の笑いを誘う。

同じ質問に西島は「夜にこっそりと家を抜け出したら、すごく自由な気がして、走った覚えがあります」と回答。竹中は「大したことないねえ!」とジョークを交えながら西島のコメントに毒づき、「小さいときは本当に足が速かったんです。でもかけっこで1番を取るのが恥ずかしくて、ゴールテープを切ろうとした瞬間に逆走しちゃって」と自身のエピソードを披露した。また、主題歌を手がけた宇多田ヒカルから寄せられた「謎の魅力。大人のズルさ。そんなことを感じながら原作を読ませていただきました。映画の公開を楽しみにしています」というメッセージを、MCが代読して登壇者たちを喜ばせる一幕もあった。

イベントの終盤には“ペンギンイリュージョン”と銘打たれた企画が行われた。ステージ中央に設置された箱に向けてキャストがCO2を噴射すると、ボックスの中から本物のペンギン3羽が登場。ケースの中を元気いっぱいに動き回り、登壇者たちや観客を和ませた。最後に蒼井は「この映画によって、皆さんが見ている風景のトーンが1つ上がればうれしいなと思います。監督の長編デビュー作でもありますので、監督の長編デビュー作にいろんな愛と祝福が注がれることを祈っています」と、北は「新しくて優しい気持ちになれる映画です。ぜひ楽しんでください!」と観客にメッセージを送り、イベントを締めくくった。

「ペンギン・ハイウェイ」は、8月17日より全国でロードショー。

(c)2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play