Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

第5回

大林宣彦 映画は風化しないジャーナリズム

『HOUSE/ハウス』で39歳の新人監督に

隔日連載

18/7/7(土)

 僕は東宝のスタジオとはコマーシャルで二十数年つき合っていて、いろいろな仲間もいました。とくに職人さんたちが非常に親しく仕事をしてくれ、「大林さんみたいな人が映画を作ってくれたらいいなあ」という声がスタジオの中で起き始めたのです。