Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©2018「こはく」製作委員会

井浦新×アキラ100%が兄弟役、映画『こはく』7月公開 ポスター&コメント

CINRA.NET

19/2/22(金) 17:00

映画『こはく』の公開日が7月6日に決定。あわせてポスタービジュアルとコメントが到着した。

同作の舞台は、監督を務めた横尾初喜の出身地である長崎。幼い頃に別れた父の工場を受け継いでガラス細工の工場を営む亮太が、虚言癖のある兄・章一から街で父を見かけたことを告げられ、共に父を探しはじめるというあらすじだ。全国公開に先駆けて6月21日から長崎で先行公開。

両親の離婚で心に深い傷を負い、別れた父の姿を追い続ける主人公・亮太役に井浦新、定職に就かない兄・章一役にアキラ100%こと大橋彰がキャスティング。脚本は、横尾監督の幼少期の実体験をもとに、『きらきら眼鏡』の守口悠介と共同執筆した。

ポスタービジュアルには「人は孤独とよ」というキャッチコピーと共に亮太と章一の姿が写し出されている。

井浦は「どんな人にもきっとある、心の中のこはく色に染まった景色。それを呼び醒まし、家族の話を自然としたくなる、共有し語り合いたくなる、そのような映画になれたならと願っております」とコメント。

また大橋は「元々は役者を目指したのがキッカケで芸能の道を選んだのです。いつもとだいぶ違うと思いますが、違うアキラを皆さんに見ていただきたいです。作品に参加することができて本当に光栄です。なにより、声をかけていただいた横尾監督に感謝します」と述べている。

井浦新のコメント

桜の咲き始めたまだ薄ら寒い春に、こはくの撮影はクランクインしました。家族の物語であるこの映画を撮るにはもってこいの季節。長崎出身の横尾監督の自伝とも云うべきこはくの世界、監督の心の中の風景を求め、スタッフ・キャストがまるで家族のような組となり、佐世保を中心に長崎の様々な地を、ひとつになって“こはくの旅”をしていました。クランクアップの頃には、桜は散り葉桜が芽吹きうららかな春へとなっていました。
この刹那の内に生命が巡る期間の撮影で、横尾組は映画の神様に愛され、小さな小さなたくさんの奇跡が現場に宿り、1000人近いエキストラの皆さんの協力と、差し入れ炊き出しなど地元の方々のあたたかな支え、たくさんの愛によってつくられました。
どんな人にもきっとある、心の中のこはく色に染まった景色。それを呼び醒まし、家族の話を自然としたくなる、共有し語り合いたくなる、そのような映画になれたならと願っております。

大橋彰のコメント

井浦さんはカッコよかったです!テレビで見ていた人だ、というのがはじめての感想です(笑)。普段はすごく気さくで明るい方で、現場ではあらゆることでみんなをリードしてくれました。立ち振る舞いやら作品に対する姿勢まで色々と勉強になりました。監督とよく台本について等の話をしていましたが、もし主演が井浦さんじゃなかったら違う作品になっていたんじゃないでしょうか。
現場の雰囲気や、長崎という場所も相まって、とても優しく、あたたかい家族の作品になっていると思います。もしかしたら、どんな人も、誰かにどこかに重なる気持ちがあるんじゃないかと思います。元々は役者を目指したのがキッカケで芸能の道を選んだのです。いつもとだいぶ違うと思いますが、違うアキラを皆さんに見ていただきたいです。作品に参加することができて本当に光栄です。なにより、声をかけていただいた横尾監督に感謝します。

横尾初喜監督のコメント

クライマックスでのアキラさんを始めとした俳優部の演技がすごすぎて、初めてモニターを見ながら号泣してしまい、カットをかけることが出来ませんでした。佐世保市での撮影では、1000人近くの市民の皆さんと撮影させていただきました。生まれ育った原風景の地で、自身の半生をもとに映画が作れたこと、携わってくださった皆様に感謝の想いでいっぱいです。
家族という題材を通して、自分自身この映画を撮影しながら、たくさんのことを学ばせていただきました。これからの時代に大切な、「優しさ」とは何か。この作品を通して少しでも感じていただければ幸いです。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える