Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

建築家×クリエイターが建築の本質と未来語るトーク『TOKYO ARCHITECTURE』

CINRA.NET

19/7/7(日) 13:00

トークイベント『TOKYO ARCHITECTURE』が、8月2日から3日間にわたって東京・有楽町朝日ホールで開催される。

『TOKYO ARCHITECTURE』は、建築家と様々な分野で活動するクリエイターが「建築の本質と未来」を語り合うトークイベント。モデレーターは建築史家の倉方俊輔が務める。

8月2日は「建築は芸術か?」をテーマに、建築家・美術史家の山名善之と脳科学者の茂木健一郎、「面白がれる これからの仕事」をテーマに建築家の谷尻誠と作家の椎名誠が語り合う。

8月3日は「公共性の未来」をテーマに建築家の乾久美子と小説家の平野啓一郎、「フレームの内と外」をテーマに建築家の大西麻貴と写真家のホンマタカシ。

8月4日は「東京が、見てきたもの。」をテーマに建築家の藤村龍至と漫画家でありコラムニストの辛酸なめ子、「クリエーションと日常」をテーマに建築家の永山祐子とアーティストの清川あさみがトークを繰り広げる。

トークはそれぞれ午前、午後の部に分かれ、定員は各回約700名。チケットは現在販売中だ。詳細は『TOKYO ARCHITECTURE』のオフィシャルサイトで確認しよう。また、社会の進歩と発展に寄与してきた各企業が「まち・もの・ひと」の関わりを伝える写真展『メッセージ 写真展』も同時開催。写真展の入場は無料となる。

倉方俊輔(実行委員長)のメッセージ

高度成長、国際競技大会、日本万国博覧会を経て2020年。私たちは何を更新してきたのでしょうか。その何を受け継ぎ、新しくすべきでしょうか。本イベントは、このテーマを著名建築家やさまざまな立場のトップランナーと共に議論するものです。今、都市のあり方も、ものづくりの意義も、私たちの生き方・働き方も変革期を迎えています。それらをより良いものに更新できるデザインの素地は、すでに存在しているでしょう。建築は総合です。大切なのは兆しの融合です。今回、社会の進歩と発展に寄与されている企業や教育機関の皆様にも広くご参加いただき、未来を東京から垣間見たいと思います。まち・もの・ひとと関わり、変革してきた建築の次を考える3日間です。

アプリで読む