Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

狩野英孝

狩野英孝がフルマラソン挑戦、怖いのは沿道から「僕イケメン」を振られ続けること

ナタリー

19/4/12(金) 13:37

狩野英孝がバラエティ番組「東北魂TV」(BSフジ)と「かのおが便利軒」(仙台放送)の代表として、「東北・みやぎ復興マラソン2019」のフルマラソンに挑戦。この記者会見が本日4月12日、都内で開かれた。

10月12日(土)と翌13日(日)に実施される「東北・みやぎ復興マラソン」は、今なお東日本大震災の影響を受ける東北地方を応援すべく立ち上げられたマラソンイベント。宮城・県立都市公園をメイン会場に行われる。

会見には「東北魂TV」出演者のサンドウィッチマン、マギー審司、鳥居みゆき、トミドコロ、「かのおが便利軒」出演者のパンサー尾形も出席。鳥居は狩野に「(マラソンに挑戦する理由は)禊でしょ」と言い放ち、ほかのメンバーからも「まだ(禊が)足りてなかった!」「謝罪マラソン!」とガヤが飛ぶ。

また司会が「マギー審司さん、鳥居さん、トミドコロさんも過去にマラソンに挑戦していましたが何かアドバイスはありますか?」という質問を投げかけると、フルマラソン未経験のサンド伊達が「そうですね……」と率先して前へ。富澤から「お前1kmも走れないだろ」とツッコまれると、即座に「お前も走れねえだろ」と返していた。

現在トレーニング中だという狩野は「前回、マギー審司さんが走ってるときに沿道の人から延々と『耳が?』と振られ続けたという話を聞いたので、それが怖いですね。『でっかくなっちゃった』はまだ楽ですけど、僕の場合は止まって『僕イケメン!』って言わなきゃいけないので……」と不安な気持ちを吐露。そんな彼に伊達は「お前は普段からやらねえじゃねえか! サービス精神ゼロだろ」「そもそも先輩のギャグを楽っていうな!」と矢継ぎ早に野次を飛ばす。また狩野が「今は体重も落とそうとがんばっている」と語ると、伊達は「元号が令和になるので大丈夫。“令”はゼロという意味での“れい”でもあるので、新元号に突入した瞬間、全部の食べ物が0キロカロリーになるんです」と得意の“ゼロカロリー理論”を展開していた。

会見が進むと、一同からは「ところで尾形は出ないの?」という声も。尾形は「今回は狩野くんをサポートします!」と意気込むが、「1人だけ別番組の衣装を着ていて浮いている」「ランナーだと勘違いされそう」との理由で記者席に座らされてしまう。なぜか記者役をすんなり受け入れた彼は、狩野に「ゴールしたらまず何をしたいですか?」「彼女はいますか?」などと質問して場を盛り上げていた。

アプリで読む