Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『都市×モニュメント×カタストロフィ』展 タルコフスキー作品の上映も

CINRA.NET

19/1/26(土) 19:09

展覧会『都市×モニュメント×カタストロフィ』が、4月14日まで神奈川・川崎市市民ミュージアムで開催されている。

1988年に「都市と人間」を基本コンセプトに据えて開館した川崎市市民ミュージアム。コレクションの収蔵数は26万点におよぶ。

同館の開館30周年を記念して行なわれる『都市×モニュメント×カタストロフィ』展では、設立コンセプトである「都市と人間」というテーマから「都市×モニュメント×カタストロフィ」をキーワードに、川崎、パリ、東京の3都市の都市像に焦点当てる。会場では川崎市市民ミュージアムの博物・美術コレクションから約240点を紹介。展示は「川崎×工場×開発」「パリ×建築×コミューン」「東京×娯楽×関東大震災」の3パートで構成される。

関連イベントとして2月16日、17日、23日、24日に特集上映『ソヴィエト映画特集』を開催。アンドレイ・タルコフスキーと彼に師事したコンスタンチン・ロプシャンスキーのソヴィエト時代の作品を取り上げ、『惑星ソラリス』『ミュージアム・ヴィジター』『ストーカー』『死者からの手紙』の4作品を35ミリフィルムで上映する。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える