Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

IZ*ONE (c)OFF THE RECORD

IZ*ONEが日本初イベント開催、デビューシングル曲含む10曲披露

ナタリー

19/1/20(日) 23:43

IZ*ONEの日本デビューを記念したショーケースイベントが本日1月20日に東京・TOKYO DOME CITY HALLにて、昼夜2部制で開催された。この記事では夜公演の模様をレポートする。

IZ*ONEは韓国の放送局MnetとAKB48グループの共同企画によるオーディション番組「PRODUCE 48」で勝ち抜いた12人によるガールズグループ。日本からはHKT48の宮脇咲良と矢吹奈子、AKB48チーム8の本田仁美が参加している。IZ*ONEは昨年10月に韓国で1stミニアルバム「COLOR*IZ」を発表し、2月6日に日本デビューシングル「好きと言わせたい」をリリース。ショーケースイベントには「好きと言わせたい」を予約した人の中から、昼夜公演合わせて4000人が招待された。

大歓声の中ステージに姿を現したIZ*ONEは「La Vie en Rose」でイベントの幕を切り、洗練されたフォーメーションダンスを披露。場内は瞬く間に熱気で満ちていき、バラに見立てた紙吹雪がメンバーの周りを美しく舞った。「We Together」をキュートに届けたIZ*ONEが、続いてパフォーマンスしたのは「好きになっちゃうだろう?」。息の合ったダンスとチャーミングな笑顔でWIZ*ONE(※IZ*ONEファンの総称)を魅了した。トークコーナーでは宮脇が「皆さんが盛り上がってくださったので、私たちも最高のパフォーマンスができました!」と目を輝かせ、チェ・イェナも「ヤバい! 信じられない!」と客席の盛り上がりように驚いた様子。チョ・ユリは「こんなにたくさん愛をいただけた分、もっとがんばらないといけないと思います!」と意気込み、チャン・ウォニョンも「早くIZ*ONEというグループを日本の皆さんに知ってもらいたいと思います!」と力強く語った。

ユニットコーナーではまず宮脇、キム・ミンジュ、イェナ、ユリ、矢吹が、日本デビューシングルのカップリング曲「猫になりたい」をパフォーマンス。センターの宮脇を中心に、5人は猫をイメージしたしなやかなダンスを繰り広げた。ウォニョン、アン・ユジン、クォン・ウンビ、カン・ヘウォン、本田、キム・チェウォン、イ・チェヨンが「I AM」をクールに踊ったあとは、白い衣装を着た宮脇とウォニョンが「ダンスを思い出すまで」を可憐に届ける。そして再び12人全員がステージにそろい、「夢を見ている間」をハンドマイクで思いを込めるようにじっくりと歌唱した。

夜公演ではメンバーが次々とランダムで流れる楽曲に合わせてダンスする企画も行われた。慌てふためきながら各ナンバーのフォーメーションに付くメンバーの様子を、WIZ*ONEは楽しげに見守っていた。本編の最後にIZ*ONEが披露したのは、日本デビューシングル曲「好きと言わせたい」。凛とした佇まいでキレのあるパフォーマンスを見せ、客席から大喝采を浴びた。

熱いアンコールに応えて再びステージに登場したIZ*ONEは、「O' My!」を笑顔で届けた。宮脇はメンバーを代表して「たくさんの人に応援していただいて、本当にうれしいです。これからも応援よろしくお願いいたします!」と改めて挨拶。最後にメンバーはかけ声飛び交う中「PRODUCE 48」のテーマ曲「NEKKOYA(PICK ME)」で軽快にステップを踏み、客席の隅々まで大きく手を振りながらステージを去って行った。

IZ*ONE「日本デビューショーケース~1stシングル『好きと言わせたい』発売記念イベント【夜の部】」2019年1月19日 TOKYO DOME CITY HALL セットリスト

01. La Vie en Rose
02. We Together
03. 好きになっちゃうだろう?
04. 猫になりたい
05. I AM
06. ダンスを思い出すまで
07. 夢を見ている間
08. 好きと言わせたい
<アンコール>
09. O' My!
10. NEKKOYA(PICK ME)

アプリで読む