Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

JUMP 中島裕翔、セクゾ 中島健人、WEST 藤井流星・小瀧望……次世代の演技派ジャニーズ

リアルサウンド

18/10/26(金) 7:00

 10月期ドラマを見渡すと、改めて今期も多くのジャニーズたちが活躍していることに気づく。TOKIOの松岡昌宏は王道ラブストーリー『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系)でスマートな物腰のエリート医師を演じ、嵐の相葉雅紀は『僕とシッポと神楽坂』(テレビ朝日系)で、持ち前の優しさと動物好きを活かして獣医を好演。また今年デビューしたKing & Princeは、高橋海人、神宮寺勇太、岩橋玄樹が『部活、好きじゃなきゃダメですか?』(日本テレビ系)でトリプル主演を果たし、彼らのフレッシュさとマッチした青春ドラマを繰り広げている。

(関連:JUMP 中島裕翔、WEST 小瀧望、Jr. ジェシー…“モデルジャニーズ”はなぜ増えた?

 なかでも注目したいのは、Hey! Say! JUMPの中島裕翔、Sexy Zoneの中島健人、そしてジャニーズWESTの小瀧望、藤井流星の4人。それは、彼らが今期挑む役どころが、それぞれの良さがストレートに伝わってくる、まさに“ハマり役“だからだ。ドラマを通じて、彼らが気になったという人も、きっとその先にある本来の魅力をギャップなく愛せるはずだ。

■Hey! Say! JUMP 中島裕翔
 月9ドラマ『SUITS』(フジテレビ系)で、記憶力に長けたフリーター・大貴を演じている中島裕翔は、元来の好青年っぷりが存分に発揮される。中島裕翔という人は、とにかく良い青年なのだ。早くから芸能界で活躍してきた彼は、敏感な年頃に挫折を経験。メンバーとも正面から衝突した過去もある。だからこそ、人の痛みや傷つくことに対してデリケートだ。そして繊細がゆえに、苦悩を表現するのがとてもうまい。敏腕弁護士・甲斐(織田裕二)のアイデアで経歴を詐称し、アソシエイトになった大貴が追い込まれるシーンは、中島裕翔ならではの大きな見せ場だ。役柄と同じく、悩み、もがき、それでもめげずに彼は成長していく。その姿にこそ、ファンは魅了されているのだから。

■Sexy Zone 中島健人
 中島健人は、『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』(日本テレビ系)で、イマドキさとり世代刑事・斑目を演じている。この役では、中島健人の天性の人たらしっぷりが炸裂。人たらしというと聞こえが悪いが、彼の言動にはみんなが思わず頬が緩んでしまうのだ。ご存知の通り、彼はラブホリ(ラブホリック)王子様の異名を持つ、どんなシチュエーションでも、誰が相手でもファンをとろけさせる術を本能で知っている。「お前、なんかイヤなことがあると保健室に駆け込むタイプだろ?」と大泥棒・煙鴉(遠藤憲一)と言われると、キラーンという効果音と共に満面の笑みを見せる。これには、煙鴉も笑うしかない。刑事と大泥棒という異色のタッグも、大泥棒が中島健人扮する斑目が魅力的であればこそ。煙鴉を捕まえる前に、視聴者全員が中島健人に心を捕えられてしまうに違いない。

■ジャニーズWEST 藤井流星
 『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』(フジテレビ系)で、婚約者の母親に恋をするという難しい役どころに挑戦しているのは、藤井流星だ。ジャニーズWESTのメンバーといるときには面白さを優先し、ついつい天然な一面も出てしまう藤井だが、ドラマとなれば本来持つビジュアルの美しさが映える。婚約者の母親・真理子(中山美穂)の涙をそっとハンカチで拭うシーンも自然にこなしてしまうのは、ふたりの妹がいるお兄ちゃん気質からだろうか。さらに、婚約者の父親・完治(佐々木蔵之介)相手に、完璧な問答を披露するなど、求められたことはしっかりとこなす男のプライドも見せつける。紳士的で優しく、臆さない凛とした佇まい、そして柔らかな微笑みを見せられたら、立場を忘れて恋する感情が刺激されてしまう女性もいるだろう、と説得力が増す。

■ジャニーズWEST 小瀧望
 そして、相葉が主演を務める『僕とシッポと神楽坂』で、獣医大生・堀川に扮しているのは小瀧望だ。憧れの獣医・田代(村上淳)の話にも食い気味で好意を伝える姿に「若いうちはそのくらいのほうがいい」と言われてしまう、どこか憎めない愛されキャラ。その姿に、憧れの先輩・山田涼介に「現場では“山田くん“だけど、メールでは“涼介“」とグイグイに距離を縮めていたことが重なる。山田も「調子に乗ってる(笑)」とツッコみながらも許してしまうのは、小瀧が堀川と同じ憎めない愛されキャラだからだろう。どこまでもまっすぐで、好きな人には素直に懐いてしまう、そんな小瀧の“子犬力”にも注目だ。

 奇しくも4人は1993~1996年生まれと同世代。着実に積み重ねてきたキャリアを経て、ハマり役にたどり着いたようにも見える。次世代の演技派ジャニーズ俳優を牽引する4人がしのぎを削る様子を、今期のもう一つのリアルドラマとしても楽しんではいかがだろうか。(文=佐藤結衣)

※高橋海人の「高」はハシゴダカが正式表記。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play