Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「生きた舞台に」s**t kingzのshojiとOguriが紡ぐ朗読劇が開幕

ナタリー

19/6/8(土) 17:12

s**t kingzのshojiとOguriによる朗読劇「My friend Jekyll」が、本日6月8日に東京・スパイラルホールで開幕した。

「My friend Jekyll」は、二重人格を題材とする小説「ジキルとハイド」をもとにした作品。上演台本・演出を瀬戸山美咲が手がけ、shojiとOguriのそれぞれが“読み”と“踊り”を回替わりで担当する。

開幕に先駆けて実施された囲み取材で瀬戸山は、shojiとOguriの印象を「shojiさんは朗読もダンスもパッションの人で、Oguriさんはダンスも朗読も真正面にやりきる感じ」と語り、「初めは2人別々に取り組んでいましたが、一緒に稽古をし始めたとき、お互いの違いに驚いていました」と稽古の様子を振り返った。

「いつもは決まった音楽に合わせて踊ることが多い」と言うshojiは、「お互いの朗読やテンポ感、ギターの生演奏などに合わせて踊るので、“生きた”舞台になっています」と本作の魅力をアピール。またOguriは瀬戸山から「めちゃくちゃなOguriさんを見てみたい」と言われたことを明かし、「“どうなっちゃってもいいから役としてやってみよう”と挑戦し始めたら、そんな自分も楽しめるようになってきた」と手応えを語った。公演は明日6月9日まで。

「My friend Jekyll」

2019年6月8日(土)・9日(日)
東京都 スパイラルホール

上演台本・演出:瀬戸山美咲
出演:shoji、Oguri

アプリで読む