Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

エレファントカシマシ

エレファントカシマシ、デビュー31年目となる“WAKE UP!!”ツアーが開催中!

18/7/5(木) 0:00

昨年、デビュー30周年のアニバーサリーイヤーを、キャリア史上最高の状態で迎えたエレファントカシマシ。そんな彼らの31年目のスタートとなる23枚目のオリジナル・アルバム「Wake Up」を引っさげたツアーが開催中だ。

「悲しみの果て」や「今宵の月のように」をはじめとした名曲の数々を世に送り出し、『25 years of the fighting men’s chronicle 劇場版 エレファントカシマシ』に登場したスピッツの草野マサムネが「日本で進化を遂げたロックバンドの完成形。『エレカシは日本のロックバンド』ではなく『日本のロックバンドはエレカシ』」と評するなど、日本のロックバンドを語る上では欠かせない存在となったエレファントカシマシ。

ボーカル宮本浩次ののどの不調によってツアー初日となる名古屋公演は延期を余儀なくされたが、6月30日、7月1日の大阪公演では力強い歌声を披露し完全復調をアピール。「Wake Up」のサウンドプロデュースを手がけた村山☆潤(Ke)、彼らの長き戦友ヒラマミキオ(G)もツアーに帯同し、圧巻のステージを繰り広げている。

“原点回帰”を思わせるエレカシの真骨頂である楽曲、テレビ東京系ドラマ『宮本から君へ』主題歌「Easy Go」、レゲエのリズムと歌のメロディが相まって一種特別な世界が現出された名曲「神様俺を」など、アルバム収録曲を中心に、エレカシの“現在”が刻み込まれた迫力のライブだ。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play