Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

SixTONES 松村北斗、グループ名の由来を明かす 嵐 松本潤「全然意味わかんない」

リアルサウンド

19/4/12(金) 12:00

 『VS嵐』(フジテレビ系)の4月11日放送回には、ドラマ『パーフェクトワールド』チームとして松坂桃李、山本美月、瀬戸康史、松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.)、岡崎紗絵、木村祐一が、プラスワンゲストにはNON STYLEが出演した。

(関連:SixTONES、なにわ男子……東西ジャニーズJr.が大躍進 事務所の未来にも変化あるか

 オープニングトークのテーマは「嵐がよくやるポーズ」。松本潤が「ないなぁ」と言っていると、相葉雅紀は「ポーズってほどじゃないんだけどさ、メールの絵文字めっちゃかわいいじゃん」と話し、松本から“わくわく”を表現したスタンプが送られてきたことがあると明かす。また、二宮和也が「嵐で言ったら、ガッツポーズじゃないですか?」と言うと、櫻井翔も共感。会見などの撮影でガッツポーズが求められることをわかってるため、言われる前に先取りしてガッツポーズをしているという。

 個人で嵐と共演するのは初だという松村。松本からSixTONESのグループ名の由来について聞かれると、松村は「“6人1人ずつが際立った方がいい”ってことで、元々six tones(シックストーンズ)って名前だったんですよ。でもジャニーさん(ジャニー喜多川)が発表したあとに、“読みづらいよね”って言い出して。“僕ストーンズがいい”ってジャニーさんがおっしゃって。でも、そうするとsix tonesに込められた意味が失われてしまう。“どうするんですか?”って聞いたら、“Youたちは、本当に馬鹿だよね。「i」「x」を小さくして、大文字だけ読めばSixTONES(ストーンズ)だよ”って言って楽屋を出られていきました」と語ると、スタジオは「あ~~」と反応。すかさず松本は「“あ~~”じゃない! 全然意味わかんない」とツッコんだ。

 松坂は、松本とお酒の席を共にしたことがあるとのこと。吉田鋼太郎から誘われ、飲み会に参加したところ、小栗旬、藤原竜也、松本がすでに飲んでいたという。また、吉田と小栗と藤原はすでに出来上がっている一方、松本だけがクールな様子で大人の対応をしていたと当時を振り返る。松本は「その日は合流するのが遅かったのよ。合流したら、3人が出来上がってたから聞く側だったの。そしたら桃李、マサキ(岡田将生)、ジュンペイ(溝端淳平)が来て」と話すと、櫻井が「マサキっていうのは、相葉でよろしいですか?」と質問。相葉が「俺?!」と反応していると、二宮も「プライベートで“マサキ”って呼ばれてない?」と続け、スタジオを笑わせた。

 ボンバーストライカーでは、「仕事で助けられたこと」についての話題に。松村が「『JAPONICA STYLE』っていう曲をジャニーズカウントダウンで披露させていただいたときに、僕、力が入りすぎて靴を飛ばしてしまったんですよ。始まって10秒ぐらいで……。メンバーの前に僕の靴が片方あるまま、踊り続けて。しゃがむ振りがあったんですけど、田中樹が靴の目の前に座ってるんですよ。僕は“来い、田中樹!”と胸をバシッとやったら、投げたんですよ」とエピソードを明かす。続けて「靴が(足元に)シュッと滑り込んできて、そのまま履いて……」と言うと、櫻井は「それは盛ったでしょ?!」とツッコんだ。

 最終的にドラマ『パーフェクトワールド』チームが勝利。次回は4月18日放送。ゲストには、映画『キングダム』チームとして山﨑賢人、吉沢亮、本郷奏多、満島真之介、高嶋政宏、要潤が、プラスワンゲストとして山崎弘也、小島瑠璃子が出演する。(向原康太)