Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

嵐 櫻井翔、KAT-TUN 亀梨和也、NEWS 手越祐也……“スポーツの顔”務めるジャニーズメンバー

リアルサウンド

19/6/4(火) 6:00

 嵐が『NHK東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーター』に就任した。活動休止前の大役就任とあり、大きな話題となっている。今回の嵐だけにとどまらず、バレーボールの公式サポーターへの就任や、『ジャニーズ大運動会』の開催など、ジャニーズメンバーとスポーツの親和性は高い。そこで、今回は「スポーツの顔となったジャニーズメンバー」について見ていきたい。

(関連:嵐 櫻井翔、敬意を持って人と接する姿勢 “親友”妻夫木聡とのエピソードから考える

■嵐 櫻井翔:ラグビー
 ソロではキャスターや司会を中心に幅広い活躍を見せる、嵐・櫻井翔。櫻井は、2019年9月から中継される『ラグビーワールドカップ2019日本大会』(日本テレビ系)のスペシャルサポーターに就任している。昨年行なわれた『ラグビーワールドカップ2019日本大会 1YEAR TO GO KICK-OFF EVENT~1年前記念イベント』では、「この場に呼んでいただいて、身に余る光栄です。ほんの少しラグビーをかじっていた身でも憧れる方々とお話ができてうれしいです」(参考:ザテレビジョン)と謙遜していたが、ラグビーファンからの評判は上々だ。昨年放送された『キヤノン ブレディスローカップ2018』(日本テレビ系)では、五郎丸歩選手や畠山健介選手とラグビートークを繰り広げた。このやり取りを聞いたラグビーファンも「自分の求められている役割を理解している」、「櫻井さんすごい勉強されてると感じる」などSNS上で好意的な反応を見せた。櫻井がスペシャルサポーターに就任することで、ラグビー初心者からも注目が集まるだろう。そして、経験者である櫻井があえて初心者目線に立って解説や質問をしていくことで、ラグビーに対するハードルがグッと下がる。これは彼が長年キャスターとして培ってきた感覚があるからこそ成せること。櫻井の活躍で2019年ラグビーブームが訪れるかもしれない。

■KAT-TUN 亀梨和也:野球
 ジャニーズファンでなくとも、亀梨和也=野球と想像する人は多いだろう。亀梨は『Going! Sports&News』(日本テレビ系)でベースボールスペシャルサポーターを務めるなど、野球関連番組に出演することも多い。2019年3月29日には、広島VS巨人の開幕戦で「君が代」を独唱。さらに、プロ野球2019年シーズンの中継番組『Fun! BASEBALL!!』(日本テレビ系)のイメージソング「手をのばせ」も担当する。そんな亀梨は、『Going! Sports&News』内で「亀梨ホームランプロジェクト」や「豪速球プロジェクト」にチャレンジしてきた。「豪速球プロジェクト」は未達成に終わってしまったが、100球以内にホームラン達成を目指す「亀梨ホームランプロジェクト」では3球目にして見事ホームランを達成。その様子を見た元日本ハム・稲葉篤紀選手、読売ジャイアンツ・原辰徳監督も驚き、祝福の言葉を贈っていた。自ら全力で挑戦することで野球を盛り上げている亀梨。しかも、驚くべき結果すら残している。何事にも真面目で一生懸命な亀梨だからこその、応援の仕方と言えよう。

■NEWS 手越祐也:サッカー
 サッカーを嗜むジャニーズメンバーは少なくないが、サッカー関係の活動を特に積極的にこなしているのはNEWS・手越祐也ではないだろうか。2012年からは日本テレビ系『FIFAクラブワールドカップジャパン UAE 2018』のゲストやメインキャスターを務め、『サッカー☆アース』(日本テレビ系)にもMCとして出演中だ。もともと手越はフットサルをプレイしており、ジャニーズに入所してからも続けている。ラジオ番組『KちゃんNEWS』(文化放送)ではコンサート直前もフットサルをやっていると話していたこともある。2017年には、音楽業界のサッカー好きが集まるフットサル大会『音蹴杯』でチーム優勝と個人MVPを勝ち取ったほど。また、日本代表の内田篤人選手や長友佑都選手、香川真司選手とも交流があるという。『サッカー☆アース』を見ていても、元日本代表の城彰二と対等に渡り合っているように感じる知識量だ。番組内コーナー「手越祐也のラブゴール」ではゴールの美しさを語る手越のコメントに、城も「うん、うん」と同意していることが多々ある。“サッカー愛”でポジションを築いた手越の見る目は確かなものなのだろう。

 プレイヤー目線を持って仕事に亀梨と手越、初心者に寄り添って仕事に臨む櫻井。スタンスは違えど、スポーツの発展に一役買っていることは間違いない。それぞれの持ち味を活かして、今後もスポーツ界を大いに盛り上げていってほしい。(高橋梓)

アプリで読む