Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「不器用な彼女」ポスタービジュアル

給湯室でOL同士の本音が炸裂!短編ラブコメ「不器用な彼女」公開決定

ナタリー

19/2/20(水) 11:00

「少女邂逅」「日本製造/メイド・イン・ジャパン」で知られる土山茜が主演を務めた短編ラブコメディ「不器用な彼女」が、3月16日より東京・下北沢トリウッドほか全国で順次公開される。

恋愛に不器用で彼氏ができないことを気にする29歳の高学歴OL・莉子を主人公とした本作。彼女は、理想が高すぎて恋愛が長続きしない同僚・美希と仕事もそこそこに給湯室で過激な恋バナを繰り広げる毎日を過ごしていた。しかし、そんな2人が上司がセッティングした社内合コンで格好の男子に巡り合う。

土山が莉子、モデルの笛木陽子が美希を演じたほか、江夏亜祐が高スペック男子・清水、佐川ネル秋吉が優しさが売りの料理男子・田中役に。そして川口貴弘が課長の川口を演じた。監督、脚本、原作を清水佳代子が担当。江夏と佐川が所属するバンド・ジュリアナの祟りが主題歌として「あーもー!アモーレ」を提供している。土山と川口によるコメントは下記の通り。

土山茜 コメント

初めて台本を読んだとき、赤裸々な女子の会話に動揺しましたが、どこか聞いたことある・思ったことがある人もいるのじゃないかと感じました。上手くいかないことは私が悪いんだと、どこか自分を卑下してしまいながらあーだこーだ思うことを投げかけ合ってる毎日の中で、二人の男性に出会う。その「日常の蓄積」を大事にしようと現場に臨みました。クセのある登場人物ばかりですが、どこか共感できる部分があるかもしれないですし、こんな恋愛したことない!という方には不器用恋愛の参考書として見て頂きたいです。

川口貴弘 コメント

「不器用な彼女」の魅力は、脚本がちゃんとした裏付けのもとオリジナルで書かれているシュールさにあると思います。男性が聞いたら疑ってしまうようなセリフを、外見の可愛いい女子や優秀な学歴を持つ高学歴女子が平然と話しているところに驚きと危険さ、そして面白さがあるように感じます。その女性陣を迎えるのは、今回の映画が初出演となるジュリアナの祟りのお二人、、、演技も初めてとなりますが、演技経験のある凝り固まった演技ではなくとてもフレッシュで、自然な在り方が女性陣とマッチし、絶妙なズレやぎこちなさに繋がりイキイキしたシーンに仕上がっていると思います。清水監督はセリフの意味合いが崩れないように、細心の注意を払いながら役者の意見を柔軟に取り入れる方なので、役者の方々が自由に演技に臨まれていて、とてもいい現場の雰囲気になってました。

(c)アクアムンダアンドアソシエイツ

アプリで読む