Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ももクロ新幹線車内の様子。(撮影:笹森健一)

ももクロ新幹線、出発進行!4人の車掌が1017人のモノノフをおもてなし

ナタリー

18/7/17(火) 20:04

ももいろクローバーZの結成10周年を記念した東京スカイツリーとのコラボイベント「ソラクロ祭」の一環として、本日7月17日に“ももクロ新幹線”が運行された。

ももクロ新幹線は新大阪駅発、東京駅着の東海道新幹線をモノノフ(ももクロファンの呼称)だけで1列車貸し切って運行されたもの。メンバー4人は車掌として同乗し、車内アナウンスや切符の配布、抽選撮影会などで乗客をもてなした。

4人は元気いっぱいに「出発進行!」の車内アナウンスをすると、各車両に分かれて乗客1人ひとりに「ご乗車ありがとうございます」と声をかけながら当日限定の乗車証明書を手渡した。また1車両につき1人だけメンバーとツーショット撮影ができるというサービスもあり、車内は早くも盛り上がりを見せた。

各車両への挨拶を終えた4人が再びアナウンス室に集合すると、それぞれが回った車両の報告タイムへ。玉井詩織が「れにちゃん推しの人がしおりんに推し変しようかなって言ってたよ」と話すと百田夏菜子も「私も言われた」と便乗して高城れにをやきもきさせる一方で、佐々木彩夏は「我ながらこの衣装似合ってるな」とアイドルらしい発言をして和ませるなど、ももクロらしい談笑を車内に届けた。

また静岡・浜松駅付近では静岡出身の百田が特別アナウンスを披露。「新幹線の車内アナウンスをするのが夢だった」と語る百田は「私が何百回と見たこの景色を皆さんどうぞ楽しんでください」と張り切って地元の景色を紹介するが、肝心の富士山の通過ポイントでは「皆さん左手をご覧ください……本当はきれいな富士山が見えるはずなのですが……曇ってます。一方右手をご覧ください……映画『幕が上がる』の撮影を行ったロケ地を……通りすぎました」とユルい実況を繰り広げ、乗客の笑いを誘っていた。

また親子限定のファミリーシートではメンバーが子供たちと触れ合いながらBGMで流れてきた「笑一笑 ~シャオイーシャオ!~」を一緒に踊る場面も。参加した1017名を大いに楽しませ、車掌としての任務を終えた4人は品川駅で下車し、東京駅へ向かう乗客を大きく手を振って見送った。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play