Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

堀未央奈×山戸結希『ホットギミック』特報&ポスター公開 反町隆史、志磨遼平らの出演も明らかに

リアルサウンド

19/3/21(木) 8:00

 6月28日に公開される山戸結希監督最新作『ホットギミック』の正式タイトルが『ホットギミック ガールミーツボーイ』に決まり、特報映像とポスタービジュアルが公開された。

参考:吉岡里帆、堀未央奈×山戸結希『ホットギミック』で“悪役”に 桜田ひより、上村海成も出演

 本作は、2016年の『溺れるナイフ』で興行収入7億円強のヒットを記録し、今年2月に公開された『21世紀の女の子』では、監督・キャストともに若き才能を集結させ、企画・プロデュースを手がけたことでも話題となった山戸監督が、販売部数累計450万部を超える、相原実貴の同名コミックを実写化する青春映画。どこにでもいる平凡な女子高生・成田初が、3人の男性との恋に揺れ動く模様を描き出す。

 主人公・成田初を演じるのは、今回が女優としてのデビュー作となる乃木坂46の堀未央奈。どこか不安定な初に惹かれ初に翻弄される3人の男性陣に、清水尋也、板垣瑞生、間宮祥太朗が集結。さらに、桜田ひより、上村海成、吉岡里帆が出演する。

 サブタイトル「ガールミーツボーイ」とは、「お決まりの恋物語」という意味も持つ「ボーイミーツガール」を反転させた言葉で、少女が主人公であることを強調。少女が片想いをして相手のために努力して両想いになってハッピーエンド、という王道の恋愛映画で描かれる恋ではなく、恋愛における、新しい青春映画を届けたいという山戸監督の想いが込められているという。

 初の映像公開となった特報映像では、登場人物それぞれの生きづらさや葛藤を吐露したセリフ回しと胸に迫る音楽で、知らぬ間に大人になっていく自分に戸惑いながら焦燥感を抱いている10代のリアルな心情を表現。「バカは生きづらくて大変だ。何のために生まれてきたんだろ」「永遠に愛してるって思っても次の瞬間いらなくなっちゃうんだよ」「幸せって願うものでしょ」「絶対にいつか終わっちゃうってわかってるのにずっと好きでなんていられないよね」という山戸監督から生まれた力強い言葉たちが並ぶ。また、シーンの切り替えに写真を挟むことで、一瞬時が止まったような、まるで青春の1ページを切り取ったような瞬間を演出したり、ドローンを使って風景や人物を俯瞰的に映すことによって、より映画の世界への没入感を高めている。さらに、反町隆史、吉川愛、志磨遼平、黒沢あすか、高橋和也らの出演も明らかになった。

 ポスタービジュアルは、朝・昼・夕それぞれの時刻の東京の街と、初・亮輝・梓・凌の4人の写真を組み合わせることで、時間の流れと人の心情が等しく移りゆくものであることを表現。また、4人はそれぞれが物憂げに違う方向を見つめており、すれ違う初と3人の男性の関係性も読み取ることができる。「3つの初恋。1つの答え。」というコピーは、初めての恋をする初が、たった1つの“本物の答え”にたどり着くことを予感させる。また、東京湾をバックに遠くを見つめている4人のメインスチールも公開となった。

【山戸結希監督 コメント】
『ホットギミック』を映画化するにあたり、サブタイトルを、『ガールミーツボーイ』と、添えさせていただきました。
恋愛物語における永らくの代名詞であった、「ボーイミーツガール」を反転する、
「ガールミーツボーイ」としての芸術を、描いてみようと決めていました。
自分自身の主体性を奪われる恋ではなくて、自分自身の主体性を知るための恋が、もしもこの世にあるのなら、そのようなものをこそ、今新しく生まれる青春映画に映し出してみたいという念願がありました。
“ホットギミック ガールミーツボーイ”、孤独な少女の漂流譚を、ぜひ、お楽しみにされてください。

(リアルサウンド編集部)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える