Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

GRANRODEO「GRANRODEO LIVE 2018 KISHOW 宇部凱旋 ロデオぶるとっぴん~暑ぅてわやになりそうじゃけえ皆でぶち盛り上がろうや~」の様子。(撮影:キセキミチコ)

GRANRODEOのKISHOW、バースデーにぶち盛り上がりの故郷凱旋ライブ

ナタリー

18/8/13(月) 15:13

GRANRODEOが8月11日にKISHOW(Vo)の故郷である山口県宇部市の渡辺翁記念会館にて、単独公演「GRANRODEO LIVE 2018 KISHOW 宇部凱旋 ロデオぶるとっぴん~暑ぅてわやになりそうじゃけえ皆でぶち盛り上がろうや~」を開催した。

KISHOWの誕生日でもあった同日の公演のチケットは即日完売し、約1300人のロデオボーイとロデオガール(GRANRODEOファンの呼称)が全国から集まった。KISHOWの母校である宇部中央高校軽音部のガールズバンド・PoifulがGRANRODEOの代表曲「Go For It!」を披露したオープニングに始まり、幕間では宇部中央高校校歌が流れるなど特別な演出も光ったこの日。KISHOWがセットリストを考案したというライブは「Deadly Drive」で幕を開け、ライブ初披露となった新曲「アサメシマエのヤサシイセカイ」、「Punky Funky Love」「少年の果て」「変幻自在のマジカルスター」といったシングル曲など、バラエティに富んだ楽曲がたっぷり披露される充実の内容となった。

また、MCではKISHOWが宇部弁でファンに語りかけて会場を沸かせたり、アンコールではKISHOWが学生時代に友人と組んだバンドでコピーしていたというユニコーンの「おかしな2人」がカバーされたりとレアなステージが繰り広げられた。さらにライブでは10月24日にGRANRODEO初のコンセプトミニアルバム「M・S COWBOYの逆襲」がリリースされることが明らかになり、ロデオボーイとロデオガールを興奮させた。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play