Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

けやき坂46、“日向坂46”への改名にメンバー感涙 齊藤京子「3年間やってきて一番嬉しい」

リアルサウンド

19/2/11(月) 18:20

 けやき坂46(通称:ひらがなけやき)が11日、動画配信サイト『SHOWROOM』の生配信を行い、「日向坂(ひなたざか)46」への改名がサプライズ発表された。

参考:欅坂46、2期生9人はグループに何をもたらす? 「お見立て会」を見て感じたこと

 生配信には佐々木久美、柿崎芽実、加藤史帆、齊藤京子、佐々木美玲、小坂菜緒の6名が出演。キャプテンを務める佐々木久美から“けやき坂46の5つの重要なお知らせ”があると語られ、それぞれのメンバーの口から3月27日の単独シングルデビューのほか、デビューカウントダウンライブの開催、新シングル曲でのファッションサブスクリプションサービス『メチャカリ』CMソングタイアップ、単独オフィシャルサイトと単独ファンクラブ開設が発表された。

 改名は、事前に用意されていた“5つのお知らせ”を言い終えた後、SHOWROOMで流されたサプライズ映像にてメンバーに伝えられた。新グループ名“日向坂46”を初めて知ったメンバーは、それぞれ発表と共に言葉にならない歓喜の声をあげて壇上で抱き合い、“日向坂! めっちゃいい”、“可愛い!”、“嬉しい”といった喜びの姿を報道陣に見せた。

 興奮さめやらぬ状態の中、佐々木久美は“けやき坂46”という名前について「ずっと悩んでたよね」とコメントすると、改名することが一番の夢だったという齊藤は「3年間やってきて一番嬉しい」と心境を吐露し、加藤も「ずっとメンバーの間で話していたんですよ、ずっと“ひらがなけやき”のままでいいのかな、とか……本当に嬉しい」と語った。また、佐々木美玲は「3年間みんなで頑張ってきたからこそ、シングルデビューできると思います。これまで積み上げてきたものをもっとももっと積み上げて、みなさんにハッピーを届けたい」と涙ながらに誓った。

 SHOWROOM配信の後には囲み取材が行われた。3月5日と6日に横浜アリーナ(グループ単独ライブ最大規模)にて開催される『日向坂46 デビューカウントダウンライブ!!』について聞かれた柿崎は「今まで私たちは“ライブが楽しい”と思ってもらえるように3年間頑張ってきました。その土台を大切にしつつ、今までで一番多くの人にライブを届けられたらと思います」とコメントし、ファンクラブについて加藤は「ファンクラブ会員の限定イベントをやるのも夢なので、たくさんの方に応援していただけるように頑張りたい」と説明した。

 記者から「過去にけやき坂46のメンバーだった長濱ねる(現在は欅坂46、通称:漢字欅)にシングルデビューの話は伝えましたか?」と問われた佐々木久美は、「実はまだ直接デビューすることは伝えられていないんですけど、ねるちゃんがいたからこその私たちなので、みんなで改めてお話したいなとすごく思います。スタッフさんから漢字欅さんに(デビューを)報告してくださったんですけど、漢字欅さんもすごい喜んでくださったみたいで……これまでたくさんお世話になった漢字欅さんにも胸を張って“日向坂46です”って言えるように活動していきたいです」と欅坂46への感謝を述べた。

 改めて“日向坂46”への印象を問われた佐々木久美は、「日向からは“暖かい場所”という雰囲気を感じました。グループカラーの“空色”には“空まで高く飛べるように”という意味も込められているようなので、これから日向坂46として胸を張って、この名前を背負って頑張っていきます」と語り、柿崎は「“ひらなが”で今まで“ひ”のポーズをしていたのですが、日向坂46も“ひ”から始まるのでこのポーズを続けていけるのは嬉しいです」、加藤は「乃木坂46さんの“美しさ”や“清楚さ”と欅坂46の“パフォーマンス力”や“かっこよさ”を兼ね備えたハイブリッドなグループになるのが夢です」とそれぞれコメントした。

 すでに日向坂46のオフィシャルHPが公開されており、ファンクラブは12日正午よりオープンする。(泉夏音)

アプリで読む