Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ぼくの好きな先生」

破天荒な“全身アーティスト”追うドキュメンタリー「ぼくの好きな先生」予告編

ナタリー

19/3/22(金) 19:01

ドキュメンタリー「ぼくの好きな先生」の予告編が、YouTubeにて公開された。

「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」の前田哲が監督を務めた本作は、山形・東北芸術工科大学で教鞭を振るう傍ら、全国を巡って創作活動を続ける画家・瀬島匠を追ったもの。眠る時間以外は何かを作り、ラジコンを飛ばし、絶え間なくしゃべり続け、30年間「RUNNER」というタイトルで絵を描き続ける“全身アーティスト”瀬島に秘められた悲しい物語が映し出される。主題歌として、RCサクセションが1972年に発表した「ぼくの好きな先生」が使用されている。

YouTubeで公開中の予告編では、破天荒な瀬島の創作の様子や、「RUNNER」の一部などが映し出される。またこの「RUNNER」について瀬島が「30年前に完成している」と明かす場面や、「絵を描き続ける理由ってなんなんですか?」と質問された瀬島が「それは……」と言葉に詰まる様子なども切り取られた。

「ぼくの好きな先生」は、明日3月23日より東京・K's cinemaほか全国で順次公開。

(c)2019. Tetsu Maeda

アプリで読む