Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

山下智久の“UNLEASHED”な挑戦 NEWS、香取慎吾への思い語った『MYOJO』から感じたこと

リアルサウンド

18/10/5(金) 7:00

 この秋、山下智久の躍進が目覚ましい。7月より公開された主演映画『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』が90億円を突破する大ヒットを記録。これは邦画実写映画としては実に15年ぶりの快挙だという。

(関連:山下智久はなぜ共演者から慕われる? 俳優と歌手活動の充実から読む

 KAT-TUN 亀梨和也とのスペシャルユニット・亀と山Pのシングル『背中越しのチャンス』のリリースはあったものの、この2年は俳優業に専念していた山下。およそ2年の時を経て、今年8月に音楽活動を再開すると、9月15日には安室奈美恵のラストライブとなった音楽イベント『WE ♥ NAMIE HANABI SHOW 前夜祭 ~I ♥ OKINAWA/I ♥ MUSIC~』にサプライズ出演。コラボ曲「UNUSUAL」を披露し、安室の引退への花道を盛り上げた。

 また、10月6日より放送開始されるアニメ『逆転裁判 ~その『真実』、異議あり!~Season2』(日本テレビ系)のオープニング主題歌に、新曲「Never Lose」が決定。11月には新たなアルバムのリリースも控えており、発売に先駆けて9月よりスタートした15ヶ所を巡る全国ツアーも大盛況。最新アルバム、及びツアーのタイトルは“解き放たれた、抑制がなくなった”という意味を持つ『UNLEASHED』。まさに、今の山下にピッタリな言葉だ。

 『UNLEASHED』ツアーで、山下は2012年に香取慎吾とタッグを組んでリリースした「MONSTERS」をセットリストに取り入れた。その真意が、雑誌『MYOJO』(2018年11月号)での10,000字インタビューから垣間見ることができる。「今回は、年令、性別問わず、2時間視覚的にも気持ち的にも、ただただ楽しい時間を過ごしてもらおうっていうシンプルなコンセプトなんです」懐かしい楽曲を聞くことができるのは、ファンにとっては嬉しい限り。だが、香取がジャニーズ事務所から新たな道を歩みだした今、このタイミングで、この曲を聞けるとは思わなかった、という人も少なくないのではないか。

 「ここだけは自慢なんですけど、ステージの上に立てるというのは、僕が勝ち取った特権だと思っていて。物心ついたころから、それこそ命がけで戦ってきた。どうやったら人気が出るか、どうやったらいいパフォーマンスを発揮できるか、ずーっと試行錯誤を繰り返してきた、だから言わせてもらいますけど、僕はステージに立つ権利を勝ち取れたんだと思ってます」。権利があるからこそ、自分がシンプルにいいと思うものを届けることができる。その信念の強さを感じられる言葉だ。その自信の源は、ファンの存在だったと語る。そして「もしものときは自分で借りられる範囲の会場を借りて、コンサートをすればいいと思ってたから。だって、目的は大きな会場でやることじゃなくて、聞きたいと待ってくれている人に届けることだから」とも。

 山下といえば、2011年にNEWSを脱退する大きな転機を経験した。「ソロになった直後は喪失感もあって」と、今だから語れる当時の想いを明かす。仲間だけど、グループの前に、それぞれが独立した個でありたい。自分のちからで未来を切り開きたいという思いが強かったからこその脱退。NEWSでは1位だったCDの売上も、ソロでは1位にならない、そんな辛酸をなめたこともあった。それでも山下は「後悔はまったくないです」と断言する。悔しい思いも、厳しい場面も、山下は真正面から受け止める。だからこそ、変わり続けられるのだ、と。

 「俺が言ってはいけないのかもしれないけど、過去にとらわれたくないし、もし何か壁があるなら、そんな壁は壊せばいい。メンバーとなにか一緒にできたらおもしろいんじゃないかなって感覚はずっとあって。例えば俺のアルバムに誰か参加してくれないかなとか」と、時を経て改めてメンバーと共にファンが喜ぶような展開に前向きな姿勢を見せた。

 ブレない軸と、柔軟な思考。山下が、そのバランス感覚を養う上で、欠かせなかった人生の出会いが3つあるという。「お前はずっと同じ電車には乗っていられないんだな。電車じゃなくてジープに乗って縦横無尽に走りたいんだな」と山下のモヤモヤした気持ちを言葉にしてみせた山崎努。「常にルーキーでいろ」と刺激を与えてくれたリリー・フランキー。そして、「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という言葉を大事にしているのだと教えてくれた香取慎吾だ。

 そうした出会いを経て、みんなと競うような部活感覚で取り組んでいた仕事も、『コード・ブルー』の影響でドクターヘリが増えたことを聞き大きく意識が変わったという山下。「社会にいい影響を生み出す可能性を持っている、すごい仕事だなって」。今、山下の視野は社会全体に広がっている。

 「自分のためにがんばるって限界があるから。些細なことでいい。僕をきっかけに、少しでも、その人の世界を広げることができたら」。山下の行動には、この思いが一貫している。ジャニーズ事務所内の後輩たちの悩みに向き合うのも、英語を習い続けるのも、中国版SNS「Weibo」に公式アカウントを開設したのも、仮に関係性が変わったとしても一緒に愛した楽曲を歌い継ぐのも……。そこに待っていてくれる人がいるなら、山下は臆することなく突き進む。「みんながハッピーになれる選択肢があるんじゃないかなって思ってる」。そのためなら自ら壁を壊す覚悟も辞さない。もっと制限なく、もっと自由に。“UNLEASHED”な山下智久の挑戦は、これからも続く。(文=佐藤結衣)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play