Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

綾野ましろ、ボーカリストとして1段上へ 特別な想い語った『YOUR WORLD』を振り返る

リアルサウンド

18/11/14(水) 12:00

 アニソンシンガーの綾野ましろが11月3日にマイナビBLITZ赤坂にて、ワンマンライブ『YOUR WORLD』を開催し、10月26日に配信リリースされた「GLAMOROUS SKY」を初披露した。同曲は2005年に公開された映画『NANA-ナナ-』の主題歌として、原作者の矢沢あいが作詞し、HYDE(L’Arc~en~Ciel)が作曲したパンクロックナンバー。主人公の大崎ナナを演じた中島美嘉がNANA starring MIKA NAKASHIMA名義でリリースし、オリコンウィークリーチャートで2週連続1位を獲得するなど大ヒットを記録。綾野は「ずっと大切に聴いてきた曲です。カバーさせていただけることが光栄ですし、本当に嬉しいです」と感慨深げに語り、この曲に出会った頃の自身を振り返った。

(関連:ZAQ、fripSide、綾野ましろ、暁月凛、Roys…多彩なサウンド楽しめる“アニソン”の新作

 「当時、心がザグザグとささくれていて。誰かに理解してほしい、誰かのことをもっと理解したいんだよってもがいていた時期に出会った曲だったので、この曲をリリースすることが、みんなと一緒に作った“居場所”を守っていくことが私にとって使命というか……そんな人生でありたいなと思うきっかけにもなりました。本当に思いが強すぎてうまくまとまってないかもしれないけど、伝わってくれたら嬉しいです」と涙をこらえながら満員の観客に切々と訴えかけ、「いろんなタイミングが重なって、またこの曲に巡り会えた。本当に本当に長く、私の人生の中で歌っていけたらいいなと思います」と意気込みを語った。

 この日は、「GLAMOROUS SKY」のカバーアレンジを務めたCarlos K.が作曲とアレンジを手がけ、TVアニメ『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』(TOKYO MXほか)のOPテーマに起用されたメジャーデビューシングル表題曲「ideal white」やTVアニメ『グランクレスト戦記』(TOKYO MXほか)後期EDテーマとなった最新シングル表題曲「衝動」など、全22曲でパワフルな歌声を響かせた。激しく重いバンドサウンドを切り裂くハイトーンボイスは力強さをましており、ファルセットになってもボリュームは減らず、心地の良い抜け感もあった。パンチ力だけではない表現力の多彩さを獲得し、ボーカリストとして、一段レベルアップした印象を受けたファンも多かったはず。同箇所でのワンマンライブは昨年の同日に続き1年ぶり2回目となるが、この夏に開催した2度目のサーキットライブ(『綾野ましろ One-man Live Circuit 2018「PARAISO」』)の成果を随所に見せつけたステージとなっていた。

 ライブの中盤では「いつも拳を上げて、声を張り上げて、飛んでくれてるけど、次の1曲はサイリウムを1回、休ませてあげてください。空間に浮かび上がった幻を感じてほしいと思います」と観客にお願いし、神秘的なライティングの中でロックバラード「幻燈」を情緒たっぷりに熱唱。和メロのバラード「shinkiro」に続き、TVアニメ『D.Gray-man HALLOW』(テレビ東京ほか)のEDテーマ「Lotus Pain」ではスタンドマイクでロックバンドのボーカリスト然とした迫力をみせ、スローテンポの楽曲での堂々たる歌いっぷりには場内から大きな拍手と歓声が沸き起こった。

 ワンマンライブのタイトルについては、「いっつも私、羽根がなかったの。『Wingless Diver』とか、ちょっとついたなと思っても、『tiny wings』とか」と笑わせ、「でもね、『YOUR WORLD』という世界では、大きな翼を想像して、創造できる。私たちが創造した世界は絶対にいいものになる、居場所になると思う」と説明。そして、「この曲でひとつになりましょう」と呼びかけた「vanilla sky」、観客の大合唱と綾野のフェイクが重なった「RAY OF LIGHT」で本編は終了した。さらに、アンコールでは、“この居場所で一緒に歌おう”という願いを込めた「LAST FUTURE」など3曲をパフォーマンス。彼女の好きな四字熟語でファンとの合言葉になっている「どばじゅーが」(編注※駑馬十駕/才能が余りない者でも、努力をすれば才能がある者に並ぶことができるという意味)と声を合わせて締めくくり、「これからも私はどばじゅーがしていくので、みなさんついてきてください。また絶対に遊びましょうね」と綾野ましろと観客で作る居場所での再会を誓った。

■永堀アツオ
フリーライター。音楽雑誌「音楽と人」「SONGS」「MyGirl」などでレギュラー執筆中。「リスアニ!」「DIGA」「エンタメステーション 」「CINRA」「barks」「EMTG」「mu-mo」「SPICE」などでも執筆。サザンオールスターズ、でんぱ組.inc、miwaのFC会報のライティングも担当。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play