Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

嵐 大野智のやる気のなさにカンニング竹山がツッコミ 櫻井翔「そこをいじった最初の人です!」

リアルサウンド

19/2/22(金) 11:50

 『VS嵐』(フジテレビ系)の2月21日放送回では、映画『翔んで埼玉』チームとして二階堂ふみ、ブラザートム、島崎遥香、加藤諒、益若つばさ、京本政樹が、プラスワンゲストとしてカンニング竹山、カズレーザー(メイプル超合金)が出演した。

(関連:中居正広が嵐ファンに向けて送った温かいアドバイス ラジオから感じた“心の傷み”との向き合い方

 番組冒頭では、「今後『VS嵐』でメンバーでやってみたいこと」をテーマにトークが進む。相葉雅紀は「Mr.VS嵐を決めるのはどうですか?」と個人戦で戦うことを提案。大野智は「落ちるやつ(「MOST DAME ARASHI」)あったじゃん。あれ5人で落ちたい」と言い出し、櫻井翔は「はい?」と困惑。大野は「(高所から落とされるため)1人だとすごいじゃない。5人だと乗り越えられそう」と続けた。櫻井は、もう一度やってみたいこととして「誰の貝が一番早く開くか」ゲーム(2009年7月25日オンエア)をやりたいとのこと。櫻井は「5人だけのトークってあんまりないんじゃない?」「だから何かをしながら5人でぐだぐだするみたいなものもあってもいいかなと思ってるね」と語った。

 京本は、息子の京本大我(SixTONES)と嵐の交流について語る。松本潤と二宮和也は、京本大我を食事に連れて行ったことがあるという。松本は「新曲出たときに連絡がきたりとか……」と京本大我について話す。京本が「(京本大我が)プロデュースしてほしいとか言ってましたよ」と言うと、松本は「いやいやタッキーがいるから」と返答した。

 「キッキングスナイパー」にチャレンジする嵐チーム。松本は「この人がやる気ないんですよ」と脱力気味の大野をいじる。松本が「じゃんけんしてね、“じゃあ、順番どうする?”って聞いたら、“どっちでもいいや”って」と大野について説明すると、大野は「“じゃあ俺先!”って言ったところで何が変わったかなって」と冷静な意見を述べた。そんな大野に竹山は「リーダーわかってると思うけどまだ休みは入ってないからね! まだ働くんだから2年ぐらい」とツッコみ、スタジオを沸かせる。櫻井は「そこをいじった最初の人です!」と反応した。

 ブラザートムは、櫻井と二宮で逃亡したことがあるという。ブラザートムは「この2人が嵐に疲れてもう逃げたいって言ったときがあって……」と話し出す。櫻井と二宮は覚えがない様子をみせていると、ブラザートムは「ダンボールの船に乗って逃亡しようっていう……あったよね」と同番組コーナー「驚きの嵐」(2006年9月26日オンエア)でのエピソードを話した。

 「ボンバーストライカー」では、「嵐チームのコンプレックスは?」という話に。相葉は「ジャニーズJr.になって初めてテレビに出たときに、自分の声を聞いてぶったまげたんですよ。なんだこの変な声は!」と語る。一方、二宮は“顔”がコンプレックスだったという。信じられない様子を見せる竹山とカズレーザー。二宮が「もっと若い頃、やる気がなかったり眠そうな顔してたんだって」と理由を説明すると、櫻井は「確かに、有吉さん(有吉弘行)からつけられたあだ名“早退”だったよね」と反応し、スタジオを笑わせた。

 最終的に勝利は嵐チームに。次回は2月28日放送。ゲストには、舞台『偽義経冥界歌』チームとして生田斗真、りょう、中山優馬、藤原さくら、粟根まこと、早乙女友貴が、プラスワンゲストにはチョコレートプラネットが出演する。(向原康太)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える