Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©2018 OAKLAND MOVING PICTURES LLC ALL RIGHTS RESERVED

オバマが2018年のベストに選出、映画『ブラインドスポッティング』8月公開

CINRA.NET

19/6/4(火) 21:01

映画『ブラインドスポッティング』が、8月30日から東京・新宿武蔵野館、渋谷シネクイントほかで公開される。

バラク・オバマが『ROMA/ローマ』『ブラックパンサー』『ブラック・クランズマン』と共に2018年のベスト映画に選出したという同作。『第34回サンダンス映画祭』グランプリにノミネートされたほか、『SWSX』映画祭に正式出品された。同作のあらすじは、幼なじみの親友である黒人のコリンと白人のマイルズが、発砲事件を目撃したことをきっかけに互いのアイデンティティーや急激に高級化する地元の変化などを突きつけられ、2人の間にある壁が浮き彫りになっていくというもの。

コリン役を演じるのは、舞台俳優としても活動し、ラッパーでもあるダヴィード・ディグス。マイルズ役を舞台脚本家でもあるスポークンワードアーティスト、ラファエル・カザルが演じている。高校で出会い、共にフリースタイルラップをしながら育ったというダヴィード・ディグスとラファエル・カザルは、同作で共同脚本を手掛けている。監督は同作が初の長編監督作となるカルロス・ロペス・エストラーダ。

アプリで読む