Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「君が君で君だ」初日舞台挨拶の様子。左から松居大悟、池松壮亮、キム・コッピ、満島真之介。

「君が君で君だ」池松壮亮と満島真之介が観客とキム・コッピに「サランヘヨ!」

ナタリー

18/7/7(土) 16:35

本日7月7日、「君が君で君だ」の初日舞台挨拶が東京・新宿バルト9で行われ、キャストの池松壮亮、キム・コッピ、満島真之介、監督の松居大悟が登壇した。

本作はキム・コッピ演じるヒロイン、ソンの憧れる人物になりきり、名前すら捨て10年間彼女を見守り続けた男3人の恋の顛末を描くラブストーリー。池松は尾崎豊になりきる男に扮し、ブラッド・ピットになりきる男を満島、坂本龍馬になりきる男を大倉孝二が演じた。

舞台挨拶のために来日したキム・コッピは流暢な日本語で挨拶すると、そのまま日本語で「撮影したのは真夏だったんですが、冬のシーンを撮っていたときに裸足でアスファルトを歩かなければならなくて、すごく熱かったのを覚えています。目玉焼きができそうなくらいでした」と撮影を回想。松居から出演のきっかけが韓国のイベントでのトークショーだったことが明かされると、キム・コッピは「監督の『ワンダフルワールドエンド』を観て、とても面白かったし、ぜひご一緒したいなと思いました」と続け、「台本を読んだときは難しい役で『あー!』ってなったんですけど(笑)。監督の映画が大好きだから(出演できて)うれしかった」と笑顔を見せる。彼女からの称賛に松居は「録音して持って帰りたい!」と感動しきりだった。

撮影中のエピソードを尋ねられると、池松は「あまり苦労話は好みではないんですけど……」と前置きをしつつ劇中でソンの髪の毛を食べるシーンを挙げ、「同士のような存在だったので、『コッピさんならいいだろう』と思って現場に行ったら、全然知らない人の髪の毛を食べさせられたんです」と淡々と打ち明け、「しかも、夏のアパートだったんでいろんな人が踏んだ足の裏の匂いがするんですよ。なんかね……屈辱でしたね」と続けて会場をざわつかせる。同様に髪を食べたという満島が「あまり硬くならずに笑ってほしいなって思いますけど(笑)。それもこれも監督の脳内で生まれてることなんですよ。監督はあのシーンを見ててどうだったんですか!?」と問い詰めると、松居は「いや、すごい普遍的だなと思いながら撮っていましたよ。神話を撮っているような」と平然と言い放った。

ここで、キム・コッピが壇上のメンバーに「現場ですごくよくしてくれて、本当にありがとうございました。いつかまたご一緒したいです」と感謝の気持ちを伝える。池松は「日本を楽しめているのか心配していたんですけど、打ち上げのときに誰よりも号泣していて。もしかすると酒ぐせが悪いのかとも思ったんですが(笑)。でも、世界的な素晴らしい女優さんと共演できて光栄でした」と述べ、満島は「サランヘヨ! それだけです」と笑顔で言い切る。最後に池松は「愛するということは、人からもらうものではなくて与えるものであり、自分自身の決断だと思っています……なんの話をしようとしたんだ?」と照れ笑いをしつつも「すごく滑稽な愛情を詰め込んでいます。皆さんにとっての誰かが幸せであることを願っています。サランヘヨ」と観客に語りかけ、イベントを締めくくった。

(c)2018「君が君で君だ」製作委員会

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play