Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

左上から時計回りに、眞島秀和、臼田あさ美、福島リラ、片桐はいり、平田満、鹿賀丈史、斉藤由貴、アンジェイ・ヒラ、光石研。

松岡茉優「蜜蜂と遠雷」に臼田あさ美、福島リラ、眞島秀和、片桐はいり、光石研ら9名

ナタリー

19/7/9(火) 7:00

松岡茉優の主演作「蜜蜂と遠雷」に臼田あさ美、福島リラ、眞島秀和、片桐はいり、光石研らが出演することが明らかになった。

恩田陸の同名小説を映画化した本作は、国際ピアノコンクールを舞台に、世界を目指す若き4人のピアニストたちの挑戦を描く音楽ドラマ。7年前の突然の失踪から再起を目指す元天才少女・栄伝亜夜を松岡、最後のチャンスと決意してコンクールに挑む高島明石を松坂桃李が演じ、人気と実力を兼ね備えた優勝大本命のマサル・C・レヴィ・アナトール役を森崎ウィン(PRIZMAX)、コンクールに波乱を巻き起こす謎の少年・風間塵役を鈴鹿央士が務めた。

臼田は夫・明石のコンクール挑戦を献身的に支える高島満智子役、福島はマサルと同じ音楽院に通い自身もコンクールに参加するジェニファ・チャン役、眞島は亜夜とひょんなことから出会うピアノ調律師役で出演。また謎めいたクローク係の女に片桐、物語のキーとなる楽曲「春と修羅」の作曲家・菱沼忠明に光石、亜夜が失踪したときから彼女を見守るコンクール会場責任者・田久保寛に平田満が扮する。

そのほかマサルの師であるナサニエル・シルヴァーバーグ役でポーランドの俳優アンジェイ・ヒラ、コンクールの審査員長・嵯峨三枝子役で斉藤由貴が参加。コンクールの最終選考でオーケストラの指揮を執る世界的指揮者・小野寺昌幸を鹿賀丈史が演じる。

「愚行録」の石川慶がメガホンを取った「蜜蜂と遠雷」は10月4日より全国ロードショー。

(c)2019映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会

アプリで読む