Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「吹けよ春風」 (c)1953 東宝

三船敏郎特集で「酔いどれ天使」「銀嶺の果て」など34本上映、実息のトークも

ナタリー

18/7/9(月) 20:30

三船敏郎の出演映画を集めた2本立て特集上映が、明日7月10日から25日まで東京・新文芸坐にて開催される。

これは、5月に発売された書籍「三船敏郎、この10本 黒澤映画だけではない、世界のミフネ」の刊行を記念して行われるもの。銀幕デビュー作「銀嶺の果て」のほか、「酔いどれ天使」「醜聞(スキャンダル)」といった黒澤明監督作4本、「無法松の一生」「日本誕生」など三船を20本で起用した稲垣浩の監督作、岡本喜八の監督作「血と砂」「侍」「赤毛」「暗黒街の対決」「座頭市と用心棒」など多様なジャンルの作品がラインナップされた。三船の半生を紐解くドキュメンタリー「MIFUNE: THE LAST SAMURAI」もスクリーンにかけられる。

「MIFUNE: THE LAST SAMURAI」「蜘蛛巣城」「酔いどれ天使」は、1本立てのモーニングショーとして上映。なお、16日には三船の息子である三船史郎、「三船敏郎、この10本 黒澤映画だけではない、世界のミフネ」の著者・高田雅彦が登壇するトークショーを実施する。詳細は劇場の公式サイトで確認してほしい。

「三船敏郎、この10本」刊行記念 永遠の映画スター 三船敏郎 没後20年 / 映画デビュー70年記念上映会

2018年7月10日(火)~25日(水)東京都 新文芸坐
料金:一般 1350円 / 学生 1250円 / 友の会、シニア 1100円
※モーニングショーのみ 一般 1500円 / 学生 1400円 / 友の会、シニア 1100円
<上映作品>
「MIFUNE: THE LAST SAMURAI」
「蜘蛛巣城」
「酔いどれ天使」
「ジャコ萬と鉄」
「どぶろくの辰」
「ゲンと不動明王」
「奇巖城の冒険」
「暗黒街の対決」
「妻の心」
「婚約指環(エンゲージ・リング)」
「下町(ダウンタウン)」
「男はつらいよ 知床慕情」
「座頭市と用心棒」
「静かなる決闘」
「醜聞(スキャンダル)」
「或る剣豪の生涯」
「無法松の一生(1958年)」
「東京の恋人」
「吹けよ春風」
「天下泰平」
「続 天下泰平」
「上意討ち 拝領妻始末」
「侍」
「日本誕生(短縮版)」
「日本海大海戦」
「ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐」
「風林火山」
「荒木又右衛門 決闘鍵屋の辻」
「連合艦隊司令長官・山本五十六」
「血と砂(1965年)」
「赤毛」
「新選組(1969年)」
「お吟さま(1978年)」
「銀嶺の果て」

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play