Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「カセット100(ホセ・マセダ作曲、1971)」ビジュアル(José Maceda, Cassettes 100, 1971, Photo by Nathaniel Gutierrez, Courtesy of UP Center for Ethnomusicology and Ringo Bunoan)

東野祥子&カジワラトシオ「カセット100」カセットプレイヤー手に100人が回遊

ナタリー

19/2/9(土) 10:39

「カセット100(ホセ・マセダ作曲、1971)」が、明日2月10日に神奈川・KAAT神奈川芸術劇場 アトリウムで上演される。

本作は、作曲家のホセ・マセダによって1971年にフィリピン・フィリピン文化センターで初演されたマルチメディアパフォーマンス作品。カセットプレイヤーを手にした100人の参加者が、シンプルな振付で、民族楽器の演奏や声が録音されたテープを再生しながら回遊する。今回はの上演では、ANTIBODIES Collectiveの東野祥子とカジワラトシオが振付・演出を担当。上演時間は約30分を予定している。

なお本公演は、国際的な舞台芸術の祭典「TPAM - 国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2019」より、多様なバックグラウンドを持つディレクターと協力して制作する公演プログラム「TPAMディレクション」にラインナップされている。

「TPAM - 国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2019」

2019年2月9日(土)~17日(日)

「カセット100(ホセ・マセダ作曲、1971)」

2019年2月10日(日)
神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場 アトリウム

振付・演出:東野祥子、カジワラトシオ

アプリで読む