Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

間宮祥太朗が空回りする“KY”男に 『ハケン占い師アタル』杉咲花の占いでチームの仲間に

リアルサウンド

19/1/25(金) 6:00

 ある特殊な能力を持つ主人公・アタル(杉咲花)が、派遣社員として務めるイベント会社「シンシアイベンツ」の制作Dチーム。それぞれが個性的過ぎるがゆえに、まとまりのない彼らを、アタルは奇妙な力で救っていく。1月24日に放送された木曜ドラマ『ハケン占い師アタル』(テレビ朝日系)第2話では、ヤル気はあるが実力が伴わない男・目黒円(間宮祥太朗)が窮地に立たされた。

【写真】集合写真で一人だけピースする間宮祥太朗

 父親のコネで「シンシアイベンツ」に入社した目黒。ひときわ元気でヤル気に満ち溢れ、邪気のない男ではあるものの、いわゆる“KY(空気が読めない)”な存在である。波風を立てずに上手いことみなに同調し、事なかれ主義を遂行していく人も多いこの頃において、“KY”とはいまや死語かもしれない。しかし、目黒とはそれほどまでに目立った空回り方をする男なのだ。そんな彼のそのキャラクター性は、前回のたった1話だけで、多くの視聴者に強く印象づけられたことだろう。

 この目黒役を、間宮祥太朗は実に快活に演じてみせている。聞き心地のいい声は野太くよく通り、声量自体もほかのみんなと比べて二回りほど大きく感じる。そして些細なことに感動してみせる笑顔は、いちいちキラキラとした輝きを放つ。あまりに仰々しく、たしかに周囲にいたら煩わしそうな存在ではあるが、演じる間宮の愛嬌に惹きつけられ、自然とイヤな感じがしないのだ。

 そんな目黒に、入社以来はじめての大役が任されることに。彼が幼い頃より愛してきた、特撮ヒーロー番組『キセキ戦隊ミラクルヒーロー』の新グッズを発表するイベントの、企画コンペに参加するのだ。「仲間」や「奇跡」などといったアツい言葉を連発し奮起する目黒だが、やはり空回り。上司の上野(小澤征悦)からは「お前にできるのは、みんなの仕事の邪魔をしないことだ」と、辛辣な言葉を浴びせられる。

 これにはさすがの彼も堪えたようだ。翌日にはまるで夢遊病者のような状態にまでなっている。それを見かねた神田(志田未来)が、アタルに占ってもらったらいいと進言するのだ。アタルの能力をすぐに信じてしまう目黒には驚いたが、やはりとんでもなく純粋な男である。アタルからも、「純粋すぎて邪気も悪意もなく、中身が空っぽ」だと言われてしまうのだ。しかし、「今までどおり諦めずにいたら、必ず誰かが手を差し伸べてくれる」とも言われる。

 彼が今回の企画で提案したのは、大好きな『ミラクルヒーロー』の、消息不明の初代ミラクルレッド・八王子(湯江タケユキ)をイベントに引っ張り出すことだった。今や目も当てられないほどにかつての面影のないミラクルレッド・八王子だが、目黒の奮闘、そして周囲の者たちのフォローによって、コンペまではなんとか辿り着くことができたのだ。

 しかし、結果は落選。そもそも部長の代々木(及川光博)いわく、なんと出来レースだったのである。落胆し、怒る一同だが、目黒の表情はどこか晴れやか。打ち上げの席で、上野が気を取り直して口にした「俺たちに乾杯」のひと言には、目黒を「仲間」だと認める想いが内包されていた。まだまだこれからの目黒だが、今後の成長を見守りたいところである。

(折田侑駿)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える