Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©2019 『五億円のじんせい』NEW CINEMA PROJECT

望月歩が「闇バイト」で5億円稼ぎに奮闘 映画『五億円のじんせい』予告編

CINRA.NET

19/3/13(水) 21:00

ムン・ソンホ監督の映画『五億円のじんせい』の公開日が7月20日に決定。予告編と本ポスタービジュアルに加え、追加キャストが発表された。

『五億円のじんせい』は、GYAOとアミューズが行なう映画製作オーディション「NEW CINEMA PROJECT」で約400本の応募の中から第1回グランプリを受賞した作品。脚本は蛭田直美が務めた。あらすじは、幼い頃に5億円の募金で手術に成功した少年が17歳になり、ある出来事をきっかけにSNSで自殺することを宣言したところ、見知らぬアカウントから「死ぬなら5億円返してから死ね」というメッセージが届き、5億円の「借金」を返すために奮闘するというもの。

主人公の高月望来役に『ソロモンの偽証』『3年A組』の望月歩がキャスティングされているほか、小児病棟で慕っていた年上の少女・橘明日香役を山田杏奈、望来を愛するシングルマザーの母役に西田尚美、旅に出た望来が出会う人々を、森岡龍、平田満、松尾諭、水澤紳吾、芦那すみれ、諏訪太朗らが演じている。同作は、望月歩にとって初の主演作となる。主題歌“みらい”を歌うのは、「NEW CINEMA PROJECT」のミュージシャン部門でグランプリを受賞した広島在住のラッパー・ZAO。

予告編では、5億円を稼ぐために添い寝リフレや、訳あり物件清掃、オレオレ詐欺など様々な「闇バイト」に手を染める望来の姿や、望来が見知らぬ男性に傘を渡されるシーンなどが映し出されている。本ポスタービジュアルには望来が青空を駆ける姿と「五億円稼いで、ボクは死ぬ」という言葉が組み合わされている。

なお、同作は3月15から開催される『愛媛国際映画祭』のコンペティション部門にて上映。また、「NEW CINEMA PROJECT」の第2弾始動も決定している。詳細は、「NEW CINEMA PROJECT」のオフィシャルサイトから確認しよう。

※記事掲載時、一部表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える