Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

三浦春馬がバーテンダー役に初挑戦 東野圭吾原作ドラマ『ダイイング・アイ』

CINRA.NET

18/11/10(土) 7:00

『連続ドラマW 東野圭吾「ダイイング・アイ」』が、2019年3月からWOWOWで放送される。

東野圭吾の小説『ダイイング・アイ』をもとにした同作は、見知らぬ男に襲われて一部の記憶を失ったが、やがて自分が1年半前に交通事故で岸中美菜絵を死なせたこと、自分を襲った後に自殺した男が美菜絵の夫・玲二だったことを知ったバーテンダー・雨村慎介が主人公。事故の真相に疑問を持ち始めた慎介が、突然現れた謎の女・瑠璃子との出会いをきっかけに狂気と苦悩の世界に迷い込んでいく、というあらすじだ。

西麻布のバー「茗荷」でバーテンダーとして働く主人公・慎介役を演じるのは、WOWOWの連続ドラマ初主演となる三浦春馬。監督は国本雅広、脚本は『連続ドラマW 東野圭吾「片想い」』の吉田紀子が手掛ける。

初めてバーテンダー役を演じる三浦春馬は「カクテルを作らなければならないシーンを迎えるまで、友人のバーで許可を得て実際にバーカウンターでカクテルを毎晩のように作らせてもらいました。今では、カクテルを作ることがとても楽しく、個人的に作り続けたいと思うほどにまでなりました(笑)」とコメント。

また「この作品は、罪の意識が極限まで増幅した時、魔が心に棲みついた時を妖艶、且つ、スリリングに描いています。保身と、贖罪で揺れ動く登場人物達のサイコミステリー。是非ご期待ください」と視聴者にメッセージを送っている。今回の発表とあわせて同作の特報映像が公開された。

三浦春馬のコメント

脚本を読んだ感想
息もつかせぬ展開に原作同様、早く次の回が見たいと思えました。

バーテンダーの雨村慎介役を演じる上で挑戦したこと
初めてバーテンダーの役を頂いたので、監修の水澤さんの元でしっかり基礎から教えていただきました。カクテルを作らなければならないシーンを迎えるまで、友人のバーで許可を得て実際にバーカウンターでカクテルを毎晩のように作らせてもらいました。今では、カクテルを作ることがとても楽しく、個人的に作り続けたいと思うほどにまでなりました(笑)

視聴者へのメッセージ
この作品は、罪の意識が極限まで増幅した時、魔が心に棲みついた時を妖艶、且つ、スリリングに描いています。保身と、贖罪で揺れ動く登場人物達のサイコミステリー。
是非ご期待ください。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play