Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「マーティン 呪われた吸血少年」日本語吹替版制作プロジェクトの告知ビジュアル。

ジョージ・A・ロメロ追悼、「マーティン 呪われた吸血少年」吹替版制作の支援者募集

ナタリー

18/9/10(月) 12:21

2017年7月に77歳で死去したジョージ・A・ロメロによる「マーティン 呪われた吸血少年」が初Blu-ray化。彼の追悼企画として同作の日本語吹替版を制作するプロジェクトが始動している。

1977年に製作された「マーティン 呪われた吸血少年」は、ロメロが「自分の作品群の中でもっとも気に入っている」と公言した異色のヴァンパイア映画。吸血鬼として生まれた少年マーティンの悲哀を描き出す。「ゾンビ」の前に特殊メイクのトム・サヴィーニがロメロと初めてタッグを組んだ作品としても知られる。

今回のプロジェクトでは、支援者を募るクラウドファンディングをMakuakeで10月30日まで実施。マーティンをはじめとしたキャラクターに“有名声優・ベテラン声優”を起用し「『豪華な配役』による『洋画劇場全盛期』クオリティの吹替版を新たに制作」することが目標として掲げられた。現段階でマーティンの行動を監視する老人クーダに玄田哲章、クーダの孫娘クリスティーンに潘めぐみ、マーティンが心を通わせるサンティーニ夫人に深見梨加が声を当てることが決定している。

リターンにはサイン入りの吹替台本、Blu-ray商品、主演声優を決定する会議への参加権、映像特典DVDなどが用意された。「マーティン 呪われた吸血少年」のBlu-rayは12月21日に発売。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play