Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「スカート Major 1st Single「遠い春」リリースツアー“far spring tour 2018”」最終公演の様子。(撮影:廣田達也)

スカート、新曲&レア曲多数のツアーファイナルで2018年のバンド編成ライブ納め

ナタリー

18/12/26(水) 21:26

スカートのメジャー1stシングル「遠い春」の発売を記念したライブツアー「far spring tour 2018」の最終公演が、12月19日に東京・東京キネマ倶楽部で行われた。

インディーズシーンでの活躍を経て、2017年10月にアルバム「20/20」でポニーキャニオンよりメジャーデビューを果たしたスカート。1年を経てリリースされたシングル「遠い春」には映画「高崎グラフィティ。」の主題歌である表題曲やテレビ東京系ドラマ「忘却のサチコ」のオープニングテーマ「忘却のサチコ」など4曲が収められており、年明け1月23日には大泉洋主演映画「そらのレストラン」の主題歌「君がいるなら」がメジャー2枚目のシングルとして発売を控えている。

今回のツアーは11月18日から1カ月をかけて全国6都市で展開され、澤部渡はインディーズ時代からの盟友である佐久間裕太(Dr)、佐藤優介(Key / カメラ=万年筆)、シマダボーイ(Perc)と、新たにサポートメンバーに加わった岩崎なおみ(B)を従え各地を回った。ツアーファイナルにはさらに、シングル「遠い春」のレコーディングに参加したアチコ(Ropes、on button down)と在日ファンクの村上基(Tp)、ジェントル久保田(Tb)、橋本剛秀(Alto Sax)もゲストで参加。ライブ中盤にゲストを交えたにぎやかなコラボレーションを挟みつつ、ダブルアンコールまで合計28曲が歌われた。

ライブ冒頭、東京キネマ倶楽部を象徴する絢爛なサブステージから登場した澤部とバンドメンバーは、その絢爛さとは裏腹に、歓声に慎ましく応えながら階段を降りメインステージへ。各自ポジションに付くと「ストーリー」「さよなら!さよなら!」「いい夜」の並びでじわじわとフロアの温度を上げた。澤部はトレードマークとなっているブルーボーイカラーのリッケンバッカーを中心に、曲のテイストに合わせてアコースティックギターやテレキャスターへと持ち替えながらサウンドを構築していく。序盤には今回のツアーから演奏し始めたという名前のない新曲も歌われた。これまでになく艶やかでアダルトな雰囲気の新曲を披露した澤部は「ここでゲストを」とアチコを呼び込む。アチコはマラカスやタンバリンを鳴らしながら「パラシュート」「視界良好」「おばけのピアノ」「ストーリーテラーになりたい」と新旧の楽曲で澤部の歌声にハーモニーを重ねた。アチコが豊田道倫や空気公団のステージに立つ姿を学生時代に観ていたという澤部は感慨ひとしお。そして澤部はアチコを迎えて制作したメジャー1stシングル表題曲「遠い春」を生演奏で再現した。

「楽しい夜を」と言い残し立ち去ったアチコと入れ替わりで登場した在日ホーンズは、村上がブラスアレンジを担当した「忘却のサチコ」のほか、スカート初期のナンバー「わるふざけ」や「返信」もこのライブのためにリアレンジ。ライブでおなじみの楽曲が肉厚なサウンドに生まれ変わり、場内は大きな歓声で沸いた。澤部は「長い尺のワンマンライブとイベント出演で何が違うかというと、たくさん曲がやれるのはもちろんだけど、普段やりづらい曲もやれると」とさらにもう1曲、あまりライブで歌われる機会のないスローなナンバー「オータムリーヴス」をホーンを加えたスペシャルアレンジで披露した。

在日ホーンズを送り出したあとの後半戦は、マルコメのキャンペーンで制作されたtofubeatsとのコラボ曲「高田馬場で乗り換えて」からスタートし、「さかさまとガラクタ」「手の鳴る方へ急げ」「回想」「CALL」「ひみつ」と振り幅の広い楽曲が並ぶ。合間に挟んだMCでは10月に母校である東京・昭和音楽大学で行った凱旋ライブについて振り返り、在学中に自主制作で発表した最初のアルバム「エス・オー・エス」から「花をもって」「ゴウスツ」の2曲を演奏。ライブ本編はおだやかに跳ねるグルーヴが心地よい「静かな夜がいい」で締めくくられ、アンコールでは1月発売のニューシングルから「花束にかえて」と表題曲の「君がいるなら」がひと足早く届けられた。この日がバンド編成での2018年のライブ納めとなるため「これから制作期間に入るから少し寂しい」と名残り惜しそうにしながらも、澤部は「メジャーでシングル2枚を出して次こそ、という感じなので」と来るニューアルバムへの期待を募らせ、ラストナンバー「月光密造の夜」を披露。さらに拍手を受けてのダブルアンコール「ガール」を叩きつけるように演奏し、大盛況のうちにツアーを終えた。

スカートのバンドとしての演奏はこれにて年内終了となったが、澤部は12月28日深夜に東京・CHELSEA HOTELで行われるイベント「『涙』第14回」、12月31日に東京・下北沢GARAGEで行われるTBSラジオ「アフター6ジャンクション」のイベント「アフター6ジャンクション大晦日特別編 ライブ&ダイレクト・スペシャル in 下北沢GARAGE」に出演し、ギター1本の弾き語りスタイルでライブを行う。

スカート Major 1st Single「遠い春」リリースツアー“far spring tour 2018”
2019年12月19日 東京キネマ倶楽部 セットリスト

01. ストーリー
02. さよなら!さよなら!
03. いい夜
04. いるのにいない
05. ランプトン
06. 新曲(タイトル未定)
07. パラシュート
08. 視界良好
09. おばけのピアノ
10. ストーリーテラーになりたい
11. 遠い春
12. 忘却のサチコ
13. わるふざけ
14. 返信
15. オータムリーヴス
16. 高田馬場で乗り換えて
17. さかさまとガラクタ
18. 手の鳴る方へ急げ
19. 回想
20. CALL
21. ひみつ
22. 花をもって
23. ゴウスツ
24. 静かな夜がいい
<アンコール>
25. 花束にかえて
26. 君がいるなら
27. 月光密造の夜
<ダブルアンコール>
28. ガール

「涙」第14回

2018年12月28日(金)東京都 CHELSEA HOTEL
OPEN & START 23:55
<出演者>
澤部渡(スカート)/ Orangeade-1 / 星野みちる / 脇田もなり / WHY@DOLL / 加納エミリ / ユメトコスメ / 吉田哲人 / 臼山田洋オーケストラ / and more
予約受付:http://urx2.nu/O8JD

アフター6ジャンクション大晦日特別編 ライブ&ダイレクト・スペシャル in 下北沢GARAGE

2019年12月31日(日)東京都 下北沢GARAGE
OPEN & START 18:00
<出演者>
宇多丸 / and more
LIVE:澤部渡(スカート) / hy4_4yh / 踊Foot Works / わたなべだいすけ(D.W.ニコルズ)/ オワリズム弁慶 / SCOOBIE DO / and more
オブザーバー:小出祐介(Base Ball Bear)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える