Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

嵐 大野智、北島三郎や桑田佳祐も賞賛する“優しさ” 周囲への心遣いから溢れる魅力を再考

リアルサウンド

19/1/19(土) 7:00

 2018年の大晦日に櫻井翔が白組司会を務めた『第69回NHK紅白歌合戦』での嵐・大野智のある行動に注目が集まっている。同番組に5年ぶりの出演を果たした演歌歌手・北島三郎が、出演後に応じた取材で本番の様子を明かしたからだ。北島は2016年に頸椎症性脊髄症の手術を受け、それ以来、体の平衡感覚が保てない状態が続いているという。そのため歩行をする場合は左右にふらつくこともあるそうだ。『紅白』の本番を控えた楽屋で北島は「大野君にね、『俺の体がフラフラしたら支えてくれ』と言ったら、背中に後ろから手を添えるようにずっとしてくれていた。うれしいね~。俺も本名が大野(穣)だから。親戚みたいだよ」と本番中の大野の行動についてのエピソードを披露(参考:頸椎症性脊髄症と戦うサブちゃん、嵐大野に支えられ/日刊スポーツ)。同じく『紅白』のステージに立った桑田佳祐も、自身がパーソナリティーを務める『桑田佳祐のやさしい夜遊び』(TOKYO FM)で「嵐の大野クン。(北島の)背中をやさしく支えたり、大野君の真面目な、真剣な表情、ちょっと心打たれました」と感心した。

(関連:嵐 相葉雅紀&大野智の“天然コンビ”による名勝負も 「BABA嵐」から感じたグループのバランス

■“優しさ”は内に秘めた強さと感謝の気持ちから?
 嵐の大野といえば、バラエティ番組でも自分から前へ前へというタイプではなく、どちらかというと控えめで大人しい印象。しかし、ここぞという時には優しく頼りになるということはファンの間では有名だ。2017年『24時間テレビ 愛は地球を救う40』(日本テレビ系)では同局のレギュラー番組である『嵐にしやがれ』もワンコーナーとして生放送された。番組中の『どんな手を使ってでも超一流に勝ちたいSP』と題されたコーナーで大野は「水中息止め2017」という競技に参加した。

 対戦相手はリオ五輪水泳金メダリストの金藤理絵選手らアスリートと、前回「Mr.息止め」チャンピオンのNEWSの増田貴久、プロの海女さんたち。試合開始から2分15秒で、残ったのは金藤選手と大野だったがなぜかスタッフのミスでゴングがなってしまうハプニングが起きる。試合終了と勘違いした大野が顔を上げ、金藤選手が続いて顔を上げた。ざわつくスタジオで二宮和也が大野に「何で上げたんですか?」と聞くと、「俺、もう何もわからないけど」と言う大野に二宮が「カンカン聞いて上げたのなら審議ですけど」とツッコミを入れ、さらに「苦しんで上げたってことですよね?」と念押しすると「ああ、上げた」と答えたことで金藤の優勝が決まった。ゴングの音を聞いて顔を上げたと言えば審議になり、その分時間が押して番組の進行に支障も出る、さらにスタッフのミスに言及されることを同時に回避した判断だった。生放送であること、ミスを荒立てずサラリと流し、ゲストのアスリートに華を持たせた神対応に、ファンに加え一般の視聴者からも絶賛する声が上がった。

 コンサート会場での大野の優しいファンサービスも、ファンの間では有名だ。ムービングステージや外周のフロート、アリーナを巡るトロッコの上から、自分に向けた客席のうちわ1枚1枚に丁寧にリアクション。釣りが好きな大野に対しては「釣って!」と書かれたうちわを持つ観客も多いが、コンサート中に何度もうちわを指さし、釣り竿で魚を釣るしぐさで応える大野の姿を見ることができる。うちわに応えてもらった観客は一生の記念になると大喜びだ。

 また『ARASHI Anniversary Tour 5×20』ツアーで大野は嵐のほかの4人について「本当に優しい4人。こんな優しい人たちはいない」とし、またファンに対しても「皆も優しい。30歳を超えてもワーキャー言ってくれて」と発言。大野が優しいといわれる所以は、メンバーやファン、スタッフなど大野をとりまく多くの人に対する感謝の気持ちにあるのかもしれない。

 現在嵐はデビュー20周年に向けた『ARASHI Anniversary Tour 5×20』ツアーの真っ最中。第一弾のツアー発表からさらに「and more」として追加スケジュールが発表され、前人未到のドーム全50公演となった。これも倍率が高く、プラチナチケットと言われる嵐のライブに「行きたくてもチケットが取れない」と悲しむファンへの嵐5人からの感謝を込めた、とっておきの優しさではないだろうか。(北村由起)

アプリで読む