Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『リトル・フォレスト 春夏秋冬』 (c) 2018 Daisuke Igarashi /Kodansha All Rights Reserved.

自分で作った料理が一番おいしい! 『リトル・フォレスト 春夏秋冬』本編映像&場面写真公開

ぴあ

19/4/29(月) 12:00

5月17日(金)よりシネマート新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国ロードショーされる『リトル・フォレスト 春夏秋冬』 。この度、ヒーリングフード・“トッポッキ”を捉えた本編映像と場面写真が公開された。

大自然に囲まれた小さな集落で暮らすひとりの女性の姿を描き、“読んで美味しい”と話題の五十嵐大介の大人気コミック『リトル・フォレスト』。2014年には橋本愛主演で映画化され、ついに海を越え韓国でも映画化されることとなった。

本作は、恋愛、就職と何ひとつ思い通りにいかない主人公ヘウォン(キム・テリ)が、何もかもを後にして故郷に帰り、幼馴染のジェハ(リュ・ジュンヨル)、ウンスク(チン・ギジュ)と共に春夏秋冬と、特別な四季を送り、新たな自分の生き方を探していくストーリーだ。主演は、パク・チャヌク監督『お嬢さん』のオーディションで1500分の1の競争率を勝ち抜き、センセーションを巻き起こしたキム・テリ。本作では、都会の生活に疲れ、故郷に戻るヒロインを瑞々しく演じており、 『お嬢さん』や『1987、ある闘いの真実』では見られなかった20代の明るく初々しい姿を見せている。

また共演には、日本でもロングラン大ヒットを成し遂げた『タクシー運転手 ~約束は海を越えて~』他、韓国映画界に欠かせない若手俳優No.1のリュ・ジュンヨル。そんな韓国映画の注目若手俳優を指揮するのは、『グローリーデイ』『提報者~ES細胞捏造事件~』など、社会の中心からはみ出された人間の弱さも抱擁するような演出で話題のイム・スルレ監督だ。田舎で過ごす特別な四季を優しく映し出し、心を和ませる感動で包み込む。

公開された本編映像は、ヒーリングフード・“トッポッキ”が登場するもの。幼馴染のジェハに想いを寄せていたウンスクは、元カノと街中を歩いている姿を見てへウォンに愚痴をこぼす。そんなウンスクは「ストレスたまる! 何か、料理は?」とへウォンにモヤモヤしている気持ちを吹き飛ばす最高の料理をリクエストする。そこで、なんといっても“自分で作った料理が一番おいしい”と、へウォン自ら料理をするように勧める。そこで登場するヒーリングフードが、“トッポッキ”なのだ。

よく、ストレスがたまると辛いものが食べたくなるように、へウォンは思いっきりトウガラシを入れて完成。「(男に)フラれた時より泣ける」と言うほどの辛さを、息をはーはーと吐きながら食べるふたり。その姿に「ケンカ中?」と尋ねてきたジェハ。元カノとのエピソードをこぼしながら、うるっとするジェハは「辛くて涙が出る」と語り、幼馴染のふたりと共に気持ちを分かちあい、自ずと友情が芽生えるのだ。

また、あわせて公開となった場面写真では、食べ物を通じて気持ちを分かち合う3人の姿が。心が傷ついた友たちを慰めるのは、涙がすっと引くくらい辛い“トッポッキ”。『リトル・フォレスト 春夏秋冬』のもうひとつの主人公である、“料理”の存在感をみせている写真となっている。

『リトル・フォレスト 春夏秋冬』
5月17日(金)よりシネマート新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国公開

アプリで読む