Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

相模原の6会場を巡る展覧会『パープルタウンでパープリスム』に21作家

CINRA.NET

18/11/12(月) 18:55

ツアー形式の展覧会『パープルタウンでパープリスム』が、11月17日から神奈川・相模原のパープルームの関連施設で開催される。

梅津庸一が主宰する神奈川・相模原の私塾「パープルーム予備校」を拠点に、2013年から活動を開始したパープルーム。SNSなどを通じて集まったメンバーが共同生活を営みながら作品の制作を行なっている。

同展は、パープルーム予備校、パープルーム見晴らし小屋、パープルームビオトープ、パープルーム君の肩に乗る船、パープルーム1 3/4、パープルームギャラリーの6か所で実施。パープルーム予備校生がツアー形式で展覧会を案内するルート1と、地図をたよりにギャラリーに向かうルート2のいずれかで鑑賞することができる。「展覧会」という形式や作品の境界線についても言及していくという。また同展の開催にあわせて、ダンボール製の移動式ギャラリーだったパープルームギャラリーをホワイトキューブのギャラリーとして再始動する。

参加作家は、梅津、ゲスト作家の星川あさこ、熊谷卓哉、高橋茉林、KOURYOU、小林椋、リスカちゃん、平山昌尚、ゆーさく+田螺_tanisi、砂漠アルキ、新関創之介、qp、ユササビ、山本直輝、鋤柄ふくみに加えて、高橋耕平、安藤裕美、アラン、吉田十七歳、シエニーチュアン、わきもとさきの21組。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play