Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「愛唄 ー約束のナクヒトー」親子試写会の様子。左から財前直見、横浜流星、飯島寛騎、富田靖子。

「愛唄」横浜流星が幼稚園の頃のやんちゃエピソード披露「弟と何度も迷子に」

ナタリー

19/1/16(水) 20:44

「愛唄 ー約束のナクヒトー」の親子試写会が本日1月16日に東京のT・ジョイPRINCE品川で行われ、キャストの横浜流星、飯島寛騎、財前直見、富田靖子、監督の川村泰祐が登壇した。

GReeeeNの映画プロジェクト第2弾にあたる本作は、彼らが自身の楽曲「愛唄」への思いを物語として紡いだ青春ドラマ。恋をする勇気を持てないまま大人になった主人公・野宮透(トオル)が、元バンドマンの旧友・坂本龍也との再会や詩との出会いによって変化していくさまが描かれる。

“親子”試写会にちなみ、横浜演じるトオルと財前演じるトオルの母・美智子が登場するシーンの話題へ。普段家に寄り付かないトオルがいきなり友達を連れてきたある食卓のシーンついて、財前は「一番大事なことを秘密にしていることがわかり、美智子が叱るんです。親としては悩みを一緒に共有したいじゃないですか! それをこのバカ……息子が(笑)」と振り返ると、横浜は「息子の気持ちとしては心配をかけたくないっていうのがあるんですけど」と苦笑いを浮かべながらトオルの心境を代弁。さらに「財前さんの持っている温かい空気のおかげで、自分は息子としていることができた。それが逆にトオルが隠し事をしている理由にもなっていて。言いたいけど心配かけまいとする息子の気持ちがありました。だから叱られたときは心が苦しくもあり……でもちゃんと向き合えたのはよかった」と本作において親子愛の核になったシーンに言及した。

トオルが連れてきた友人・龍也を演じた飯島。このシーンでの自身の役割について「空気を和ませることでした。重苦しい空気をいかに打破していくか、というよりどうやってみんなを幸せにするかを考えながらお芝居しました」とコメントした。財前は「唐揚げパクパク食べてたもんね」と笑顔を向け、川村は「リハーサルでこれだけ泣いたのは初めてだった」と食卓シーンの出来に自信をのぞかせる。

幼い頃から病気がちのヒロイン伊藤凪の母・佐和役の富田は「ずっと入院している娘のこと、家のことを思って、撮影前に髪をバッサリ肩上まで切ったんです。それでこの映画に臨む気持ちを作りました」と役作りを述懐。川村は「究極の選択をしなければいけなかったり、子供への接し方だったり非常に難しい役どころです」と佐和の人物像について語る。横浜と富田は「愛唄」の撮影前に、別の作品で親子を演じていた。富田の「きつい感情を出す場面でも、お互いが逃げずにストレートに演じることができた」という発言に、横浜は「本当に富田さんのおかげです」と深くうなずき、トオルが佐和に引っ叩かれるシーンについても「本当に思い切り引っ叩いていただけてよかったです」と振り返った。

イベントではキャスト陣が昔の写真を披露する場面も。横浜は幼稚園に通っていた頃の写真を見せながら「1つ下の弟を連れ回して何度も迷子になったり、遊びに夢中になって家のガラスを割ってしまったり……こんなかわいい顔してやんちゃでした」とエピソードを明かす。飯島は親のバイクに乗った3歳のとき、財前は18歳で芸能界デビューをしたとき、唯一モノクロとなった富田は、照れながらも映画デビューを果たした中学3年生の頃の写真を披露した。

最後に横浜は「たくさんのメッセージが詰まった作品。時間の大切さ、今を生きていることの素晴らしさが伝わると思う。僕はこの作品をきっかけに『いつもありがとう』という言葉を親に伝えることができた。親を大事にしようと思えました。家族と一緒に観て親に感謝の気持ちを伝えるきっかけになってくれたらうれしい」と呼びかけ、イベントの幕を閉じた。

「愛唄 ー約束のナクヒトー」は1月25日より全国ロードショー。

(c)2018「愛唄」製作委員会

アプリで読む