Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

篠原涼子

「今日も嫌がらせ弁当」篠原涼子がフレンズと学生のコラボライブにサプライズ登場

ナタリー

19/6/25(火) 12:09

「今日も嫌がらせ弁当」主題歌コラボレーションイベントが6月24日に大阪・箕面自由学園内桂門ホールで開催され、キャストの篠原涼子、主題歌を担当したバンドのフレンズが登壇した。

Kaori(ttkk)によるエッセイを映画化した本作は、八丈島に住むシングルマザー・かおりが反抗期の娘に“仕返し弁当”を作り続けるさまを通じて、母娘の愛情を描く物語。かおりを篠原、娘の双葉を芳根京子が演じたほか、松井玲奈、佐藤寛太(劇団EXILE)、佐藤隆太らがキャストに名を連ねる。

イベントでは、フレンズが箕面自由学園高等学校の吹奏楽部、チアリーディング部とともに主題歌「楽しもう」のライブパフォーマンスを行ったのち、サプライズゲストとして篠原が登場した。ライブの感想を聞かれた篠原は「モニターで見ていたのですが、皆さんの元気なパワーをビンビン感じました」と感激した様子。また、作品については「いろんな層の方に観ていただけると思います。そして多分、高校生だから恋愛している人もいると思うんですね。好きな人がいたら『一緒に観に行こう』って勇気を振り絞って告白して、一緒に観に行っていただきたいと思います」とデートの口実としての鑑賞を提案した。

フレンズのMCでキーボードを担当するひろせひろせは、オファーを受けたときの心境を「主題歌を書いてほしいと言われるのは夢だったので、初の自分たちの大きな出来事にワクワクが止まらなかったですね」と回答。ボーカルのおかもとえみは「脚本を読んで、『今日も嫌がらせ弁当』の世界に入ってから歌詞を書いたり曲を作ったりしてみんなで制作していきました」と当時を振り返る。また、ギターを担当する三浦太郎は「誕生日と公開日が一緒になるので、僕にとってかなりスペシャル」と本作への思いを明かした。

塚本連平が監督と脚本を担当した「今日も嫌がらせ弁当」は、6月28日に全国で公開。

(c)2019「今日も嫌がらせ弁当」製作委員会

アプリで読む