Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

風間俊介、『監察医 朝顔』の現場は涙を我慢の日々 上野樹里からのベタ褒めに「くすぐったい」

リアルサウンド

19/6/28(金) 17:00

 6月28日、東京・ユナイテッドシネマ アクアシティお台場にて7月8日よりスタートするドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系)の完成披露試写&舞台挨拶が開催。上野樹里、時任三郎、風間俊介、中尾明慶、森本慎太郎(SixTONES)、平岩紙、板尾創路、山口智子が登壇した。

【写真】風間俊介の後輩、SixTONESの森本慎太郎

 新米法医学者・万木朝顔(上野)と、その父である刑事・平(時任)が、遺体の謎を解き明かすと同時に、遺体から見つけ出された“生きた証”が生きている人たちの心を救っていくヒューマンサスペンス。『週刊漫画サンデー』(実業之日本社)に連載された医療漫画を原作に、“朝顔は阪神大震災により母を亡くした”という設定を、“東日本大震災により母が行方不明になっている”という設定にアレンジして描く。

 キャストたちが順に挨拶していくなか、時任が「どうもジョージ・クルーニーです」とキメ顔。これは、第一話で自身演じる平が「ジョージ・クルーニーに似ているらしい」という噂からスタートすることによるもので、会場は一瞬にして和やかな雰囲気に。また中尾は、登壇する際に風間と森本に挟まれていたことから「ジャニーズの一員になった気分で、だいぶテンションが上がっております」とニコニコ嬉しそう。

 今作で『のだめカンタービレ』以来13年ぶりの月9主演となる上野。「初めての主演が『のだめ』で、年号が変わって、結婚して、初めての主演も月9。(震災という)テーマも大きいですし、決して忘れてはいけないこと。残していくのは大切なことだという思いを抱きながら撮影していますし、すごく大きな経験をさせていただける枠」と月9への思いを語った。

 また上野と時任は、大河ドラマ『江』(NHK総合)でも親子役を演じたものの、上野演じる江が生まれた直後に父・浅井長政は自害。「446年の時を経て、実質初共演」とMCから振られた時任は「まだ4話までしか(脚本を)読んでいないので、この先、万木平も自害するかもしれない」と冗談混じりのコメント。上野は「いやいや、困ります」と制し、「今回はしっかりとお父さんと一緒に暮らせているのが嬉しいですね」と共演を喜んだ。

 そんな上野について時任は、「とにかく優しい。鼻をすすっただけでティッシュを差し出してくれた」とエピソードを披露。上野が時任の肩もみをすることもあるといい「おかげで親子感が増している」と裏話を語った。

 今作では“泣き”のシーンが多いという風間は「(人が亡くなるシーンは)涙が出てきそうになってしまう。台本に“涙”とは書いてあるけど、桑原としては泣かないように我慢をしている」と言及。だが、「一度、被害者遺族よりも先に泣きそうになって、それだけは絶対ダメだと監督に言われた。我慢の日々が続くかもしれないですね」と笑いを交えて本音をポロリ。一方で、上野とは初共演にもかかわらず、どんな会話をしているのか覚えていないほど他愛ない話をしているそう。「何話してるんだろう?」と上野に問うと「作品のこともしっかりと考えている。真面目だし、話していて気持ちがいい」と、まさかのベタ褒め。これには風間も「俺が思ってる方向性の話じゃなくなってきちゃった。嬉しいけど、くすぐったい」と、照れ笑いを浮かべていた。

 ムードメーカーでもある中尾は「アドリブというより、ただ監督がカットをかけてくれない。ジョージ・クルーニーのモノマネをしてくれとかいろんな要求があって。第一話は(演じる)高橋よりジョージ・クルーニーの役作りのほうが長かった」と吐露。今作で刑事役に初挑戦となる森本は「ドジっ子感を出して欲しいと言われているので、机の角に足をぶつけてみたりしています。こちらからは以上です」と初々しく話した。

 ここで、観客から募った質問コーナーへ。“死ぬまでにしたい、大きすぎない夢は?”との問いに、上野は「全然思いつかない」とすぐさま中尾に回答権をパス。すると中尾は「脱毛」と一言。その理由について「人生で初めて鼻の脱毛に行ったら、爽快感がすごくて」と明かすも、「でも、ホコリとか全部入っちゃうよ」と上野。山口も「悪いもんを止めないと」とコメントするなど、非難が殺到。中尾は「こんなにダメ出しされるの!?」と大慌てで、「みなさん、鼻毛は大事にしてください」とメッセージを送った。

 ところが上野は「どこ脱毛したいんですか?」と追加質問。中尾が「すね毛」と明かすと、女性陣を中心に「へぇ……」と微妙な空気に。風間から「大不評だよ」と横やりが入るも、時任が「鼻毛脱毛には興味がある」と語ったり、森本の「僕はすね毛しか生えてない」という言葉に「すね毛しか生えてない!?」とキャストたちが声を揃えてツッコミを入れたり、板尾が「脱毛はしないで、むしろ増やしたい」と話したり、その後も脱毛トークで大盛り上がりだった。

 かたや同テーマについて「タピオカミルクティーを飲んでみたい」という風間。時任を巻き込もうとするも失敗し、森本から「風間さん、差し入れで入れてくださいよ」とおねだりされる一幕も。上野は、「風間さんも志田未来ちゃんもディズニーランドに詳しいので、みんなで行きたい」と回答。キャスト達も賛成し、中尾は「脱毛して短パンで行きたい」。風間も「僕と慎ちゃんも脱毛してから行こうか」とノリノリだった。

 続く質問は、男性陣に対して“自分をカッコイイと思う瞬間を教えてください”。中尾は「ソファで寝てる奥さんに、毛布をさっと掛けてあげた瞬間」。森本は「やっぱり、風呂上がり」とシーンを再現。髪の毛をタオルで拭く仕草をしながら「鏡と目が合うと、あ、コイツカッケーなって」と話すと、会場は大爆笑。時任は、撮影の際に殺人現場で「『死因は?』と聞くとき」と低音ボイスを響かせた。

 また風間は、二枚目を演じるつもりはないのに「殺人になる」というセリフがいつの間にか「風間くんの決めゼリフ」ということになっていたと告白。「俺、イケてる感出してたのかな」と話すと、森本は「そのシーンは映像チェックして、顔の確認していましたもんね」とニヤリ。風間は「顔を確認してたか、芝居を確認してたかはわからないはずだよ。慎ちゃん!」と、声を大にして強がっていた。

 今作に向けて、上野は被災地である陸前高田市を来訪。上野は「朝顔は、難しい役どころだと思うんです。被災した人が、未だに悲しみを背負ったまま前を向いて生きていく。地元の方に協力してもらって、役作りの参考にさせていただいた。いろんな人の思いを乗せて作品にできることが嬉しい」と明かし、最後は「死もテーマにしていますが、過去を背負いながら未来に向かって前向きに生きていく姿を届けられたら」とまっすぐに語り、舞台挨拶を締めくくった。

(nakamura omame)

アプリで読む