Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」完成披露上映会の様子。左から石川界人、瀬戸麻沙美、水瀬いのり、増井壮一。

「青ブタ」完成に石川界人が“終わりの始まり”実感、水瀬いのりはプレッシャー告白

ナタリー

19/5/25(土) 21:24

劇場アニメ「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」の完成披露上映会が、本日5月25日に東京・新宿バルト9にて行われ、キャストの石川界人、瀬戸麻沙美、水瀬いのり、監督を務めた増井壮一が登壇した。

本作は主人公・梓川咲太と、思春期特有の感情が不思議現象として表出する“思春期症候群”を起こした少女たちの交流を描く青春ファンタジー。テレビアニメの続編となる劇場版では、原作小説の第6弾と第7弾のエピソードが展開される。咲太役の石川は「終わりの始まりという感覚がすごくて。本当に『青ブタ』が終わっちゃうんだって、すごく寂しいんですよね。うれしいけど寂しいという複雑な気持ちです」と挨拶。桜島麻衣役の瀬戸は自身のブログにこのイベントの落選の報告があったことを話し、「今日は選ばれし皆さんが来ている。ここにいる皆さんの目に(作品が)焼きついたということがうれしいです」と集まったファンへ感動を伝えた。

本作では、中学生と大人の2人がなぜか存在している牧之原翔子にスポットが当てられている。2人の翔子に声を当てた水瀬は「テレビアニメで築かれてきたものを背負って、すごくプレッシャーがあった」と告白。原作、ボイスドラマ、テレビアニメと「青ブタ」を追いかけてきたファンに向けて「この劇場版がどのように映って、どういうふうに届いたのかなと、今はソワソワしています」と心境を語る場面も。見どころには、翔子のウディングドレス姿を挙げ「ぜひ劇場の大きなスクリーンで何度でも観ていただきたい」とアピールした。

増井は「キャスト、スタッフ、制作の皆さんがすごく大切に思いを込めて作ってくれていました」と周囲への感謝を伝え、「最後の最後まで粘ってもっとよくしたいと手間をかけました」と完成披露ギリギリまで制作作業を続けていたことを明かす。そして「もっとよくしたいところがたくさんありすぎて、それをやったら来年くらいの公開に……(笑)」と冗談交じりに続けた。最後に石川は「まだまだこの30分だけでは語り尽くせいない、いろんな人のいろんな思いがつまっている作品です。本当に何度でも観ていただきたい。もう一度観ると、頭から泣けます」と語り、イベントの幕を引いた。

劇場アニメ「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」は、6月15日より東京・新宿バルト9ほか全国ロードショー。

(c)2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

アプリで読む