Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「検察側の罪人」初日舞台挨拶の様子。左から八嶋智人、吉高由里子、二宮和也、木村拓哉、松重豊、原田眞人。

「検察側の罪人」木村拓哉が“悪党”宣言?二宮和也には「ゲームやりすぎ!」の声

ナタリー

18/8/24(金) 15:05

「検察側の罪人」の初日舞台挨拶が、本日8月24日に東京・TOHOシネマズ 日比谷にて開催され、キャストの木村拓哉、二宮和也、吉高由里子、松重豊、八嶋智人、監督の原田眞人が登壇した。

「検察側の罪人」は雫井脩介の同名小説をもとにしたサスペンス。エリート検事・最上を木村、若手検事・沖野を二宮、検察事務官・橘を吉高、闇社会のブローカー・諏訪部を松重、弁護士・小田島を八嶋が演じた。

木村は自身の役柄を「一線を越えてしまう最上の正義を、自分が理解しないとすべてが嘘になってしまうので。最上というキャラクターをとことん理解したいなと思って、やらせていただきました」と語る。「自分が観たいと思う木村さんやニノのイメージを膨らませて脚本を書いた」と言う原田は、撮影現場での木村がモノマネをしていたエピソードを披露。「こないだラジオで僕のまねもしていて驚きましたけど(笑)。現場では、『監督、諏訪部だったらこう言いますよね』ってキャラクターになりきって提案をしてくれるんですよ」と明かすと、木村は「こう言ったら伝わるかなと思って(笑)。手段です!」と説明した。

司会者から「序盤から終盤にかけて演技の落差がすごかった」と感想が伝えられると、二宮はピンときていない様子で「ら、落差?」と聞き返し、八嶋から「話聞いてる!?」とツッコまれる。気を取り直した二宮が「どんどん生気が戻っていく感じを出したくて。本当は顔色がよくなっていけばと思ってたんですけど、僕は通年顔色がよくないので、そこは難しかったです(笑)」とコメントすると、八嶋はすかさず「ゲームばっかりやってるから!」と茶々を入れ、会場の笑いを誘った。

役柄について問われると吉高は「すごく信念を貫いているやつだなって。……あっすみません、人だなって」とマイペースに述べ、両隣の二宮と八嶋から「こわ!」と驚かれる。同じ質問に八嶋は「僕は一番庶民寄りというか。それぞれの立場が白黒はっきりしてる中で『でも……』と思いながら行くというグレーなキャラクターでした」と真面目に語り、松重は「諏訪部はダークサイドの人間ですが、途中から最上が一線を越えるので、逆にまともに見えてきちゃう(笑)」と木村を見ながら冗談交じりに話した。

「木村さんが出演する次回作を撮るとしたら?」と質問が投げかけられると、原田は「“ぎとぎとの悪党”の木村さんを観てみたいなと思うんですよね」と答える。これを受けて木村が「ぎっとぎとで行きたいと思います」と宣言すると、会場からは拍手が起こった。最後に、二宮は「自分の正義感と比べながら楽しんでいただけたら」と、木村は「タイトルも外見もしっかりした映画ですが、中身はものすごくパンクです。いろんなことを考えていいと思います。たくさん考えて、たくさん感じて、皆さんで共有し合っていただければ」と語りかけ、イベントを終えた。

(c)2018 TOHO/JStorm

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play