Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

北山宏光

キスマイ北山宏光、和服姿で映画「トラさん」ヒット祈願「売れろ売れろ!」

ナタリー

19/2/7(木) 13:08

本日2月7日に東京・浅草の今戸神社で北山宏光(Kis-My-Ft2)主演の映画「トラさん~僕が猫になったワケ~」の大ヒット祈願イベントが行われ、北山と多部未華子が出席した。

2月15日公開の「トラさん~僕が猫になったワケ~」はマンガ雑誌「YOU」で連載されていた同名マンガを実写化した作品。酒とギャンブルに溺れる売れないマンガ家・高畑寿々男がある日交通事故で死んでしまうも、あの世の“関所”で1カ月の執行猶予を言い渡され、猫となって家族の元で過ごす様子が描かれる。作中では寿々男役を北山、その妻・奈津子役を多部、娘・実優役を平澤宏々路がそれぞれ演じている。今戸神社は2匹の招き猫が祭られていることが有名な場所。イベントではこの招き猫にあやかり、100人の観客を前にトラ柄に装飾された特製“トラさん招き猫”がお披露目となった。

北山と多部は和服姿で神社に登場。本堂でご祈祷を受けたのち、特設ステージでトークショーを行った。司会者にどのようなことを考えながらご祈祷を受けたのか尋ねられると、北山は「売れろ売れろ!」とシンプルに即答。「たくさんの人に見ていただきたいなと思って。スタッフさんやキャストさんたちの思いも背負って、ご祈祷を受けてきました」と語った。多部が撮影中の北山について「なんかすごく明るくて、現場が楽しかった」とマイペースに答えると、北山は「なんかってどういうことですか?」とすかさず突っ込む。司会者の「ムードメーカーだったということですね」という確認に多部が「……そう思いますね」と頷くと、北山が「本当に思ってんの!?」と慌てふためいた。

北山は多部の第一印象について「人見知りなのかなって。途中からは気持ちいいくらいにサバサバしていて面白かったです」とコメント。多部も北山の第一印象について尋ねられたが、「お母さんの一番好きなアイドルが北山さんで。この間お母さんに会ったら『やっぱりカッコいいわ』って言ってました」となぜか母親のエピソードを話し、「なんで今母について話したんだろう?」と笑った。多部に「私、北山さんがグループ(Kis-My-Ft2)の中でどういう立ち位置なのかわかってなくて。どういう立ち位置なんですか?」と尋ねられた北山は「たまにいじられ、たまにいじるみたいな……」と考える。多部が「現場ではいじられまくってたんですよ」と明かすと、北山は「あなたにね!」と多部が率先していじっていたことを強調。「現場でもだんだんいじられていって、それを“多部化”と呼んでいました」と語り、仲睦まじい様子を見せていた。

北山は映画の見どころについて「奈津子と実優が寿々男を思って話すシーンがあるんですけど、そこは特に感動しました」としみじみと話す。「この作品の魅力をひと言で伝えるなら?」という質問には、「“家族愛”かな。みんな家族で観に行ってほしいです。娘さんや奥さんに連れられて行ったお父さんが一番号泣して帰るっていうのが理想」と述べた。その後は観客の「『トラさん』大ヒット!」という掛け声を合図に、トラさん招き猫の除幕式を実施。北山はトラ柄の招き猫を「かわいいですね!」と細部までまじまじと眺め、最後にはトラ柄の招き猫と観客と記念撮影を行った。

アプリで読む